• Cloudera Cloudera
  • ハイブリッドデータの必要性

    Cloudera は、ハイブリッドデータプラットフォームを使用して、あらゆる場所に存在する複雑なデータをすばやく簡単に実践的な洞察に変換できるよう支援します。

    あらゆるデータの価値を活用する

    Cloudera は、マシンデータ、構造化データ、トランザクションデータ、非構造化データなど、あらゆる場所にあるデータを企業が管理して分析できるようお手伝いします。AWS、Azure、GCP などのクラウド、オンプレミスのデータセンター、マシンデータが生成されるエッジなど、あらゆる場所のデータに対応します。


    データ配信、データエンジニアリング、データウェアハウス、トランザクションデータ、データサイエンス、機械学習などに利用できる、インフラストラクチャー間で移植可能なクラウドネイティブなデータ分析機能を提供します。Cloudera を利用することで、適切なタイミングとクラウドで適切に分析を実施できるようになります。


    その可能性をぜひ想像してみてください。

     

    ハイブリッドクラウドの導入: 成長を続ける企業の優先事項

    クラウドだけに焦点を当てると、オンプレミスに保存されている膨大な企業データを見落としてしまいます。そこで、さまざまな企業がどこでも実行できるハイブリッドデータプラットフォームの価値を見いだし、あらゆるデータを活用して、より的確な意思決定を迅速に行えるようにしています。

    67%

    パブリッククラウド環境とプライベートクラウド環境で実行されているエンタープライズワークロードの割合

    出典: IDC 社、『Cloud Growth, Migration, and Repatriation Continue to Gain Momentum』(2020年3月) US46119020

    57%

    オンプレミスのリソースとパブリッククラウドの両方を統合して活用するハイブリッド IT 環境を導入している企業の割合

    出典: 451 Research 社 (S&P Global Market Intelligence 社の子会社)、『Cloud Price Index』(2021年1月)

    82%

    パブリッククラウドとプライベートクラウドの利用を組み合わせた、ハイブリッドクラウドアプローチを採用していると回答した企業の割合


    出典: Flexera 社、『State of the Cloud Report』(2021年)

    モダンデータアーキテクチャーで複雑なデータを処理して、IT チームの負担を軽減

    ハイブリッドデータはその複雑さから、データにアクセスして使用し、価値を創出することがますます難しくなっています。そこで登場するのがモダンデータアーキテクチャーです。

    データファブリックのアイコン
    統合データファブリック

    一貫したセキュリティとガバナンスにより、実装のスピードを損なうことなく統制を維持できます。

    • さまざまなデータソースをすべてインテリジェントかつ安全にセルフサービスで調整

    • すべてのデータを統合して信頼できる包括的なビューを作成

    • 複数のクラウドとオンプレミスにまたがる単一ビューを提供
    データレイクハウスのアイコン
    オープンなデータレイクハウス

    以下を実現することで、すべてのデータを使用して重要なビジネス上の課題を克服できます。

    • 高度な分析ユースケースのための事前統合
    • クラウドおよびオンプレミスで、クラウドネイティブなオブジェクトストア内のストリーミングデータと保存データの多機能分析を実施
    • Apache Iceberg のオープン性により、ユーザーが選択した分析ツールで簡単にデータにアクセス
    データメッシュのアイコン
    拡張性の高いデータメッシュ

    以下を実現することで、次世代のデータアプリケーションを強化し、優れたコスト効率ですばやく簡単に実行できます。

    • 使い慣れた共通のセルフサービスのデータサービスを、ライフサイクル全体にわたり各ドメインに展開
    • 個々のユーザーおよびチームが独自のデータ製品を所有し、提供できるようにする
    • ドメイン内およびドメイン間で一貫したセキュリティとガバナンスを提供し、グローバルなガバナンスとオープンスタンダードを確立

    ハイブリッドデータプラットフォームに欠かせない10の要素

    1. 分散クラウドモデル

    プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジにまたがる単一プラットフォームとして動作するため、コストのかかる書き換えやリファクタリングを行うことなく、データとワークロードをシームレスかつ双方向に移動できます。


    2. ポータブルで相互運用可能なデータサービス

    データの取り込みから変換、ウェアハウス、機械学習に至るまで、データライフサイクル全体をカバーし、リファクタリングや再開発を行うことなく、クラウド間で移植可能なデータサービスを実現します。


    3. あらゆる不測の事態に対応するデータサービス

    提供されている、あるいは提供が必要なあらゆるデータタイプ (構造化、半構造化、非構造化) を、リアルタイム、ストリーミング、バッチで処理します。

    1. 分散クラウドモデル

    プライベートクラウド、パブリッククラウド、エッジにまたがる単一プラットフォームとして動作するため、コストのかかる書き換えやリファクタリングを行うことなく、データとワークロードをシームレスかつ双方向に移動できます。


    2. ポータブルで相互運用可能なデータサービス

    データの取り込みから変換、ウェアハウス、機械学習に至るまで、データライフサイクル全体をカバーし、リファクタリングや再開発を行うことなく、クラウド間で移植可能なデータサービスを実現します。


    3. あらゆる不測の事態に対応するデータサービス

    提供されている、あるいは提供が必要なあらゆるデータタイプ (構造化、半構造化、非構造化) を、リアルタイム、ストリーミング、バッチで処理します。

     

    4. コンピュートとストレージの分離

    コンピュートとストレージの柔軟かつ独立したサイズ展開により、価格、パフォーマンス、地域などの要素に基づいて最適なプロバイダーの組み合わせを決定できます。


    5. 共通のツール

    使用率、リソース消費、パフォーマンス、コストを追跡するための一貫した単一ビューに加え、データセンターのハードウェアおよびクラウドインフラストラクチャーを管理および最適化するためのツールを提供します。


    6. オーケストレーションと管理

    管理ワークフローの調整と自動化を簡単に実行できるようにし、種類の異なるクラウド間で複数のデータサービスを活用する複雑さをなくします。

    4. コンピュートとストレージの分離

    コンピュートとストレージの柔軟かつ独立したサイズ展開により、価格、パフォーマンス、地域などの要素に基づいて最適なプロバイダーの組み合わせを決定できます。


    5. 共通のツール

    使用率、リソース消費、パフォーマンス、コストを追跡するための一貫した単一ビューに加え、データセンターのハードウェアおよびクラウドインフラストラクチャーを管理および最適化するためのツールを提供します。


    6. オーケストレーションと管理

    管理ワークフローの調整と自動化を簡単に実行できるようにし、種類の異なるクラウド間で複数のデータサービスを活用する複雑さをなくします。

     

    7. クロスプラットフォームのセキュリティとガバナンス

    すべての運用環境で一貫したセキュリティとガバナンスを提供し、ハイブリッドクラウドを成功へと導き、データとサービスのモビリティを実現します。


    8. ワークロードの配置を自動化・最適化

    変化に適応し、データとワークロードを自動的に配置することで、リファクタリングを行うことなく継続的かつ最適な配信を実現します。


    9. 直感的なエクスペリエンス

    すべてのクラウドでユーザーごとに一意の ID を使用することで合理化された、シンプルで一貫性のある直感的なユーザーエクスペリエンスを提供します。


    10. オープンで拡張可能

    新しいクラウド、新しいデータタイプ、新しいデータサービスに合わせて拡張できる、将来を見据えたプラットフォームを提供します。

    7. クロスプラットフォームのセキュリティとガバナンス

    すべての運用環境で一貫したセキュリティとガバナンスを提供し、ハイブリッドクラウドを成功へと導き、データとサービスのモビリティを実現します。


    8. ワークロードの配置を自動化・最適化

    変化に適応し、データとワークロードを自動的に配置することで、リファクタリングを行うことなく継続的かつ最適な配信を実現します。


    9. 直感的なエクスペリエンス

    すべてのクラウドでユーザーごとに一意の ID を使用することで合理化された、シンプルで一貫性のある直感的なユーザーエクスペリエンスを提供します。


    10. オープンで拡張可能

    新しいクラウド、新しいデータタイプ、新しいデータサービスに合わせて拡張できる、将来を見据えたプラットフォームを提供します。

    Gartner Peer Insights™ の Customer Choice 2022のロゴ

    2022年版 Gartner Peer Insights の「Voice of the Customer」: クラウドデータベース管理システム部門


    当社は「顧客が選ぶベンダー」に選出されました。選んでくださったお客様に感謝いたします。

    レポートを入手       顧客事例を見る

    “Cloudera はハイブリッドマルチクラウドデータ分析のリーダーとして台頭してきました。エッジ、オンプレミス、複数のパブリッククラウドのデータをエンドツーエンドで管理したいなら、Cloudera を選ぶことをおすすめします”


    Patrick Moorhead 氏、『Cloudera's Data Platform Private and Public Cloud both GA and it's time to migrate』(2021年5月3日、Forbes )

    Patrick Moorhead 氏の顔写真

    Cloudera Data Platform: ハイブリッドデータ戦略の実施

    あらゆる場所のデータを扱うモダンデータアーキテクチャーでハイブリッドデータプラットフォームを実現

    Cloudera Data Platform (CDP) は、ポータブルで相互運用可能なデータ分析を可能にする統合プラットフォームです。パブリッククラウド、オンプレミス、エッジで実行されるデータライフサイクル全体と分散データ管理に対応できます。

    Cloudera SDX が提供する CDP 共通のセキュリティ、ガバナンス、メタデータ、レプリケーション、自動化により、CDP を統合システムとして運用できます。

    また、CDP にはハイブリッドデータプラットフォームの一度書き込んだらどこからでも読み込める機能が組み込まれており、データアプリケーション開発を優れたコスト効率ですばやく簡単に実行できます。

    ハイブリッドデータプラットフォームアーキテクチャーの図
    Analyst Report

    2021年版 Gartner® Magic Quadrant™ のクラウドデータベース管理システム部門

    Your form submission has failed.

    This may have been caused by one of the following:

    • Your request timed out
    • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.