Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

  • Cloudera Cloudera
  • Cloudera Data Platform

    「Yes」と言えるデータプラットフォームがついに登場

     

    概要

    Cloudera Data Platform (CDP): 世界初のエンタープライズデータクラウド

    CDP によって、エンタープライズグレードのセキュリティとガバナンスに対応しながら、エッジから AI まで、あらゆる分析ワークロードに容易に対応することができます。 

    使用したい分析機能に「YES」。  

    ビジネスが求めるクラウドでの運用に「YES」。  

    今、そしてこれからのニーズにも柔軟に対応できる、クラウドネイティブなプラットフォームのある未来に「Yes」。

    CDP に「YES]。そしてシャドウ IT にお別れを。CDP は、これまで存在したクラウド環境とは完全に異なる、業界初のエンタープライズデータクラウドです。

    Cloudera Data Platform: データへの新たなアプローチ

    より容易で、高速かつ安全なエンタープライズ分析とデータ管理

    CDPは、容易に導入、管理、そして利用できる統合型データプラットフォームです。シンプルな運用を可能にする CDP は、組織を横断した新たなユースケースにも短時間で対応することが可能です。機械学習を使った、ワークロードのインテリジェントな自動スケールアップとスケールダウンによって、クラウドインフラストラクチャーをより優れたコスト効果で活用できるようになります。

    CDP は、複数のパブリッククラウド、ベアメタル、プライベートクラウド、そしてハイブリッドクラウドなど、あらゆる環境にてデータを管理することができます。さらに IT 部門は、CDP のセキュリティおよびガバナンス機能である Cloudera Shared Data Experience (SDX) によって、あらゆる場所のデータに対して、確実で安全な分析機能を提供することができます。CDP は、エッジから AI に至るまで、あらゆる場所に存在するエンタープライズデータのための新しいアプローチです。

    CDP diagram
    ハイブリッド&マルチクラウド

    CDPでは、あらゆる場所に存在するデータを管理、コントロール、分析することができます:

    • マルチクラウド: 企業は利用するクラウドプロバイダーを希望に合わせて選択することができます。
    • オンプレミス:パフォーマンス、コスト、そしてセキュリティの確保といった目的で、データセンターを最適なインフラストラクチャーとして利用できます。
    • ハイブリッドクラウド: パブリッククラウドとオンプレミスを横断した形での一貫性のある管理とコントロールが可能です。
    セキュリティとガバナンス

    Enterprise Data Cloud は、CDP のShared Data Experience (SDX)の技術により、セキュリティが確保されるようにデザインされています。

    • 一貫性: 一旦セキュリティおよびガバナンスポリシーを設定すると、すべてのデータとワークロードに適用することができます。
    • ポータビリティ: データがサポート対象範囲のインフラストラクチャー間を移動した場合でも、ポリシーはそのままデータの元に残り適用されます。
    • セルフサービス: ユーザーは、効率的なデータの検索、管理、共有を行いながら、信頼性のあるデータや分析にアクセスすることができます。
    Edge to AI 分析

    容易に利用できるCDP の優れた分析機能によって、最も要求の高いユースケースにも対応することができます:

    • 完全性: データの取り込み、変換、クエリ、最適化、および予測に必要なすべての機能が揃っているため、個別に製品を導入する必要がありません。
    • 統合性: 統合分析機能によって、ビッグデータアプリケーションやパイプラインの容易な作成が可能です。
    • 一貫性: 複数機能にわたり標準化されたユーザーエクスペリエンスによって、より迅速で容易なデータ分析が可能になります。

    グローバルテレコム :最新の分析環境を使って、モバイル顧客のデジタルライフサイクルを実現

    600PB(ペタバイト)のモバイルデータを管理

    ケーススタディを読む

    Cloudera Data Platform

     

    • Public Cloud サービス
    • データセンターソフトウェア

    Public Cloud サービス

    データプラットフォームソフトウェアのインストールや管理を行うことなく、セキュアなデータレイク、セルフサービス分析、機械学習サービスの導入と管理が可能です。Cloudera が管理するクラウドサービスである CDP Public Cloud サービスは、他のクラウドサービスと異なり、データを常にユーザーの VPC に配置し、ユーザー側でコントロールすることができます。現在、CDP は AWS と Azure 上で稼動可能で、Google Cloud Platform についても、近々にサービスを開始する予定です。

    CDP Public Cloud によって、以下が可能となります:

    • ワークロードを必要な時に自動的に立ち上げたり、完了後に運用を停止するなどの対応によって、クラウド環境に関わるコストをコントロールすることができます。
    • ユーザーやワークロードのタイプ、ワークロードの優先順位によって、ワークロードを分離したりコントロールすることができます。
    • サイロの拡散を防ぎながら、マルチクラウドやハイブリッド環境を横断する形で顧客や運用データを集中的にコントロールすることができます。

    Data Warehouse
    業務分析に向けたセルフサービスのデータウェアハウスと、その基盤となるコンピュートクラスタを提供します

    Machine Learning
    データサイエンティストのための機械学習ワークスペースと、その基盤となるコンピュートクラスタを提供します

    Data Hub
    多様なユースケースや業務アプリの迅速な開発のための、データ管理機能と分析用クラスタを提供します

    アダプティブスケーリング

    予測のつかないワークロードの処理に必要となるパフォーマンス要件を、推測によって判断するのはやめましょう。CDP Public Cloud では、迅速なキャパシティの変更が可能で、確実に新しいワークロードのパフォーマンス要件に対応し、導入のスピードアップを図ると共に、効果的にコスト管理を行うことができます。

    インテリジェントな移行

    多様な特性を持つジョブを稼動させるクラスタの使用率を改善します。CDP Public Cloud によって、これらのワークロードを容易に移行し、必要な時に必要なキャパシティを確保できるようになります。これによってオンプレミスのリソースを解放し、安定した予測可能なワークロード処理が可能となり、同時に費用効果も改善することができます。

    クラウドへのバースト

    重要なアプリケーションの SLA に影響を与える「騒々しい隣人」を、効果的かつ優れたコスト効果で隔離することができます。CDP Public Cloud によって、ワークロード (データ、メタデータ、ポリシーなど) をパブリッククラウドに移動させ、「適切」なキャパシティを提供することで、重要なワークロードを素早くSLA に対応させることができます。

    データセンターソフトウェア

    オンプレミス IT 環境のための、業界で最も強力で包括的なデータ管理と分析のためのプラットフォームCDP Data Centerでは、さまざまなユースケースにおけるストリームやバッチデータ処理、データウェアハウス、業務データベース、機械学習に対応する分析エンジンの統合スイートを提供します。

    CDP Data Center に移行すべき主な理由は3点あります:

    • 現在 CDH または HDP を使用しているかどうかに関わらず、何か新しい仕組みを手に入れたい
    • 統合的なディストリビューションによる多くの機能や迅速なバグ修正によって、速やかに革新を進めたい
    • 新たなコンテナ化コンピュートアプリケーションのための基盤によって、新しいエクスペリエンスを広げたい

    Operational DB 
    データ駆動型のミッションクリティカルなアプリケーションのために、低レイテンシでリアルタイムのインサイトを抽出します

    Data Warehouse
    高度な同時実行性、拡張性、セキュリティによって分析機能を最新化します

    データサイエンス & エンジニアリング 
    高度なデータエンジニアリング、探索的データサイエンス、大規模な機械学習を実行することができます

    最新のテクノロジーに基づいた設計

    新しい統合オープンソースディストリビューションである Cloudera Runtime と、エッジから AI に至るまで、あらゆるワークロードに対して完全なセキュリティやガバナンス、さらに管理機能を提供するCloudera Manager によって、データ分析機能の中枢を革新することができます。

    セキュリティの水準を引き上げる

    属性ベースアクセス制御 (ABAC)、動的マスキング、きめ細かなアクセスコントロールなど、高度な認証と権限機能によって、新たなレベルのセキュリティを実現することができます。

    リソース競合の軽減

    サーバーとストレージを切り離し、分離性を向上してマルチテナント能力を高める Virtual Private Clusters (VPC) によって、容易に新しいアプリーションを追加したり、新しいチームに権限を与えることができるようになります。

    SDX Logo

    エンタープライズクラスのセキュリティとガバナンス

    専用の管理用統合インターフェースを備えた、プラットフォームデータとメタデータのセキュリティ、ガバナンス、コントロール機能。一旦、データセキュリティ、ガバナンスおよびコントロールポリシーを設定すれば、利用場所に関わらず一貫した適用が可能であり、運用コストの削減とビジネスリスクの低減に加え、インフラストラクチャーの自由で柔軟な選択が可能となります。

    さらに詳しく

    ウェビナー

    毎週開催されるインタラクティブなライブデモで、実際に稼動する CDP を確認

    ウェビナー

    初めてのハイブリッド・マルチクラウド・データウェアハウスをCDPで体験する

    ウェビナー

    実稼動する Cloudera Data Platform:ワークロードを安全なクラウド環境に素早く移しましょう

    ウェビナー

    CDP のためのCloudera機械学習で、AIファーストな企業を実現

    無料の CDP トレーニング

    無料のオンデマンドトレーニングコースで、CDP によって業務チームと IT 担当者の生産性を向上する方法や、データを実践的なインサイトに変える機能に関する説明方法を素早く理解しましょう。また、CDP の実装に成功した 2人のお客様の話も合わせて聞きましょう。

    Your form submission has failed.

    This may have been caused by one of the following:

    • Your request timed out
    • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.