• Cloudera Cloudera
  • Cloudera Data Platform

    あらゆる場所のデータを扱うモダンデータアーキテクチャーのための唯一のハイブリッドデータプラットフォームで、プライベートクラウドとパブリッククラウドの可能性を引き出します。

    概要

    データ管理とデータ分析における究極の柔軟性

    Cloudera Data Platform (CDP) は、比類ない選択の自由、つまりあらゆるクラウド、あらゆる分析、あらゆるデータを利用できるように設計されたハイブリッドデータプラットフォームです。

    CDPは、拡張性と高いセキュリティを備え、最適なパフォーマンスであらゆる場所にあるデータの管理と分析を迅速かつ簡単に実行できます。

    さらに、CDP Private Cloud と CDP Public Cloud の価値を短時間で実現し、IT 統制を強化できるほか、CDP One によって運用なしで洞察に集中できるようになります。

    統合データファブリック、オープンデータレイクハウス、拡張性に優れたデータメッシュであらゆるデータの価値を引き出す

    CDP は、データがどこにあっても、データ、アプリケーション、ユーザーをデータセンターと複数のデータクラウドの間で安全かつ双方向に移動する自由をもたらします。

    複雑な作業を自動的に処理するよう設計されているため、手作業が不要に

    • マルチクラウドとオンプレミス
    • オープンでスケーラブル
    • ポータブルなデータ分析
    • 統合セキュリティ

    マルチクラウドとオンプレミス


    AI を活用した強力なデータアプリケーションを、より早く、より簡単に、より確実にビジネス全体に拡張。

    クラウドだけに焦点を当てると、プライベートクラウドに保存されている膨大なデータを見落としてしまいます。CDP は、パブリッククラウドとプライベートクラウドでのデータ管理、分析、トランザクションサービスとデータサイエンスサービスを統合します。

    マルチクラウドとオンプレミスをカバーし、データ配信、データエンジニアリング、データウェアハウス、トランザクションデータ、ストリーミングデータ、データサイエンス、機械学習など、データライフサイクル全体にわたってクラウドネイティブなデータ分析が可能なハイブリッドデータプラットフォームによって、インフラストラクチャー間で移植可能な一貫したエクスペリエンスを実現するのは Cloudera だけです。

    オープンでスケーラブル


    オープンなデータファブリック、データレイクハウス、データメッシュであらゆる場所の大規模なデータに対応。

    CDP の特徴であるオープンソースと相互運用性を活かし、既存の重要な問題に対処するだけでなく、新たなクラウド、新たなデータタイプ、新たなデータサービスなどのニーズにも先を見越して対応できます。

    組織は CDP を日常的に活用し、ペタバイト規模の構造化データと非構造化データをスケーラブルなデータメッシュで保護、管理、分析しています。これは業界で他に類を見ない成果です。また、CDP は Apache Iceberg を基盤とした世界で唯一のオープンデータレイクハウスを提供しています。オープンなクラウドネイティブストレージフォーマットのおかげで、CDP の分析とデータ管理、あるいは分析ツールを好みに応じて利用できます。CDP のデータは、AWS では S3に、Azure では ADLS に、Google では GCS に格納されます。

    データサービスの図

    ポータブルなデータ分析


    ビジネス環境の変化に応じてデータやアプリケーションをクラウド間で移動したり、オンプレミスに戻したりすることはもはや不可欠。

    新たなユースケースの実装には、クラウドのみで実行されるポイントソリューションでは不十分です。CDP の統合プラットフォームなら、ポータブルで相互運用可能なデータ分析を可能にし、パブリッククラウド、オンプレミス、エッジで実行されるデータライフサイクル全体と分散データ管理に対応できます。

    包括的なプラットフォームサービスでセキュリティ、ガバナンス、メタデータ、レプリケーション、自動化をカバーし、ドメインをまたいだスムーズな導入やクラウド間でセルフサービス型の一貫したユーザーエクスペリエンスをリファクタリングや再開発なしで実現できます。

     

    Cloudera Data Platform の図

    統合セキュリティ


    統合データファブリックで、非常に規制の厳しい業界のコンプライアンス要件にも対応。

    ハイブリッドを成功させ、データとサービスのポータビリティを実現するには、プライベートクラウドとパブリッククラウドをまたいだ一貫性のあるポリシーベースの統制が必要です。Cloudera SDX を活用した統合データファブリックなら、すべての分析でデータリネージを確保しながら、さまざまなデータソースをすべてインテリジェントかつ安全に調整できます。

    SDX を使用すると、アカウンタビリティを維持し、法規制を順守しながら、すべてのデータを統合した信頼できる包括的なビューにセルフサービスでアクセスできます。また、複数のクラウドとオンプレミスで一貫したセキュリティを実現できるのは SDX だけです。

    SDX について詳しく知る

    Gartner Peer Insights™ の Customer Choice 2022のロゴ

    2022年版 Gartner Peer Insights の「Voice of the Customer」: クラウドデータベース管理システム部門


    当社は「顧客が選ぶベンダー」に選出されました。選んでくださったお客様に感謝いたします。

    レポートを入手       顧客事例を見る

    ハイブリッドな未来。Cloudera Data Platform な未来。


    CDP はビジネスに必要な柔軟性と IT に必要なシンプルさをもたらします。

    データがどこにあるかに関係なく、ビジネスに必要なデータサービスを提供するハイブリッドデータプラットフォームがついに実現します。Cloudera Data Platform は、パブリッククラウドとプライベートクラウドの両方の利点を提供します。これが ”AND” のパワーです。IT の制約のためにビジネスニーズを犠牲にする必要はもうありません。

    • ビジネスに関する洞察の迅速な取得と IT 統制の強化
    • 高パフォーマンスと低コスト
    • ペタバイト規模のデータと集中的なデータジョブ
    • データエンジニアとデータサイエンティスト向け
    • 簡単に構築できる複雑なアプリケーションとシンプルなダッシュボード
    SDX ロゴ

    エンタープライズクラスのセキュリティとガバナンス

    Cloudera SDX では、エンタープライズグレードの一元的なセキュリティ機能やガバナンスおよび管理機能と、共有メタデータやデータカタログを組み合わせることで、コストの無駄を招くサイロ化やプロプラエタリなフォーマットによるロックインを排除し、リソースの競合を取り除くことができます。これによって、すべてのユーザーやシステム管理者は、共有データエクスペリエンスのメリットを享受できるようになります。

    さらに詳しく

    • CDP Public Cloud
    • CDP Private Cloud
    • CDP One

    CDP Public Cloud

    データプラットフォームソフトウェアのインストールや管理を行うことなく、セキュアなデータレイク、セルフサービス分析、機械学習サービスの導入と管理が可能です。Cloudera が管理するクラウドサービスである CDP Public Cloud サービスは、他のクラウドサービスと異なり、データを常にユーザーの VPC に配置し、ユーザー側で統制することができます。CDP は AWS、Azure、Google Cloud 上で稼動します。

    CDP Public Cloud によって、以下が可能となります:

    • クラウド環境に関するコストを統制: ワークロードを必要な時に自動的に立ち上げ、完了後に運用を停止
    • ワークロードの分離や統制: ユーザーやワークロードのタイプ、ワークロードの優先順位に基づいた管理
    • サイロの拡散防止: マルチクラウドやハイブリッド環境を横断する形で顧客データや運用データを集中的に統制
    CDP Public Cloud の図

    CDP Public Cloud データサービス

    DataFlow

    安全でスケーラブルかつコスト効率に優れたシンプルな方法で、あらゆるソースからあらゆる場所にデータを収集して移動できます。

    さらに詳しく

    Stream Processing

    リアルタイムのストリーミング分析アプリケーションを作成することで、実用的な洞察を入手し、重大なビジネスイベントに対応できます。

    さらに詳しく

    データエンジニアリング

    複合的なデータパイプラインのオーケストレーション、運用、自動化により、効率性を高め、価値実現までの時間を短縮します。

    さらに詳しく

    Data Warehouse

    スピード、コスト、セキュリティを損なうことなく、何千もの同時ユーザーに対して膨大なデータを利用した分析を実行できます。

    さらに詳しく

    オペレーショナルデータベース

    ミッションクリティカルなアプリケーションで比類のない拡張性とパフォーマンスを実現しながら、将来のデータモデルの進化に備えることができます。

    さらに詳しく

    機械学習

    セルフサービスの機械学習ワークスペースとその基盤となるコンピュートクラスタにより、場所を問わず大規模な開発を加速させます。

    さらに詳しく

    データハブ

    企業向けのセキュリティ、ガバナンス、拡張性、統制を備えた最新のミッションクリティカルなデータドリブン型アプリケーションの構築を簡素化します。

    さらに詳しく

    CDP Private Cloud

    CDP Private Cloud は、ハイブリッドデータプラットフォームで、強力な分析、トランザクション処理、機械学習のワークロードを実行します。CDP Private Cloud では、従来型でありながらエラスエティックな分析、拡張性に優れたオブジェクトストレージを採用し、従来のモノリシックなクラスタ環境を1つの強力かつ効率的なプラットフォームに最新化します。 

    単一の画面で管理でき、一貫したデータセキュリティとガバナンスを維持できる CDP Private Cloud は、データとワークロードの真のモビリティを目指すデータセンターのお客様にとって最初のステップを提供します。

    CDP Private Cloud の導入から企業が得られるメリットは次のとおりです。

    • 価値の短時間の実現: 使いやすいセルフサービス分析のシンプルなプロビジョニングを日単位ではなく分単位で完了
    • コスト効果の改善: リソースの活用を最適化し、コンピュートとストレージを分離
    • 予測可能なパフォーマンス: ワークロードを分離し、マルチテナントを包括的に管理
    CDP Private Cloud の図

    CDP Private Cloud データサービス

    データエンジニアリング

    複合的なデータパイプラインのオーケストレーション、運用、自動化により、効率性を高め、価値実現までの時間を短縮します。

    さらに詳しく

    Data Warehouse

    最新のセルフサービスによる高度な分析ユースケースのすべてに対応するデータウェアハウスサービスを大規模に利用できます。

    さらに詳しく

    機械学習

    セルフサービスの ML ワークスペースとその基盤となるコンピュートクラスタにより、大規模な開発を加速させます。

    さらに詳しく

    CDP One

    CDP One は、高速で簡単な分析を実現するオールインワン型データレイクハウスです。この SaaS サービスにより、IT 部門がリソースをプロビジョニングすることなく、幅広いユーザーが単一のプラットフォームで分析からエンドツーエンドのデータワークフローを構築できます。CDP One には自動運用が組み込まれており、データの採取、準備、分析、予測を1つのインターフェースで実行できるため、構造化データでも非構造化データでも、あらゆるデータから洞察を素早く取得できます。

    CDP One は、次のようなサービスを提供します。

    • 強力かつシンプル: 単一の簡単なワークフローであらゆるデータに適用できる統合分析や機械学習などの機能
    • 運用不要: 監視、セキュリティ、クラウド運用をすべて自動化することで、TCO を大幅に削減し、リスクを低減し、データ洞察までの時間を短縮
    • 誰でも利用可能: エキスパート開発者もローコードアナリストも、適切なツールを活用してプロビジョニングなしで利用可能
    • セキュアな設計: エンドツーエンドのエンタープライズクラスのセキュリティとガバナンスが組み込まれ、これまで以上に多くのユーザーをサポート
    CDP Private Cloud の図

    始める

    CDP の評価: デモと製品ツアー

    CDP ウィークリーデモ

    分析可能なデータパイプラインのストリーミングデータからの配信や、データエンジニアリングパイプラインの自動化による ML ワークフローの強化などのトピックを詳しくご紹介します。

    答えを見つける

    CDP 製品ツアー

    CDP データサービスやプラットフォーム機能の内側をご紹介するインタラクティブな製品ツアーを通じて、CDP をご体験ください。

    今すぐ見る

    スキルの構築:ユーザー向けリソースとトレーニング

    CDP テクニカルリソース

    CDP のスキルアップや体験を目的としたテクニカルユーザー向けの総合的なリソースで時間を節約できます。

    詳しく見る

    無料の CDP トレーニング

    無料のオンデマンドトレーニングで、CDP がどのようにビジネスチームと IT スタッフの生産性を高めるかをご確認ください。

    トレーニングに進む

    最新化: CDH と HDP から移行するためのリソース

    アップグレード&移行

    CDH または HDP から Cloudera Data Platform に移行するためのリソースとガイドラインを提供しています。CDP Upgrade Advisor でアップグレードを独自に進める方法をご確認ください。

    詳細

    CDP への4つのアップグレードパスと移行パス

    インプレースアップグレード、サイドカー移行、ローリングサイドカー移行、パブリッククラウドへの移行など、レガシーディストリビューションから CDP へと移行する方法をご確認ください。

    詳しく見る

    リソース

    Datasheet

    Cloudera Data Platform データシート

    Analyst Report

    2021年版 Gartner® Magic Quadrant™ のクラウドデータベース管理システム部門

    Analyst Report

    Gartner® レポート: 分析ユースケースで使用するクラウドデータベース管理システムの重要な機能

    Analyst Report

    Forrester レポート: Cloudera Data Platform Public Cloud の Total Economic Impact (総経済効果)

    世界最高クラスのトレーニング、サポート、サービス

    Your form submission has failed.

    This may have been caused by one of the following:

    • Your request timed out
    • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.