• Cloudera Cloudera
  • Cloudera について

    すべての人がデータと分析を簡単に利用できるように

    世界最大規模の企業におけるデジタルトランスフォーメーションを加速

    あらゆる業界の革新的な企業が Cloudera を活用してトランスフォーメーションに取り組み、増加し続けるビッグデータからリアルタイムでインサイトを引き出すことで、価値と競合差別化能力を高められます。 
     

    両社のリーダーシップ

    Cloudera は、Google、Yahoo!、Oracle、Facebook などシリコンバレーの一流企業での経験を有する数名のトップ人材により、2008年に創業されました。そして2011年には、Yahoo! に在籍していたオリジナルの Hadoop チームのエンジニア24名がスピンアウトして、Hortonworks を創業しました。2019年1月に統合した両社は共に、オープンソース、オープンスタンダード、そしてオープンマーケットが最も優れているという信念に根ざしていました。この信念は今でも Cloudera の中核を成すものであり、オープンソースコミュニティと連携するエンジニアやコミッタへの多大な投資がこれを物語っています。米国カリフォルニア州シリコンバレーに本社を構える Cloudera は現在、世界各地にオフィスを展開しています。

    リーダーシップ      ボードメンバー

    Cloudera とコミュニティ

    児童書『A Fresh Squeeze on Data』を読む子供たち

    次世代のイノベーターの育成を目指した協力体制


    ML とデータの偏りについて児童書でわかりやすく説明。

    Cloudera は、教育業界の企業である ReadyAI 社と協力して、複雑な STEM の概念を 8~12 歳の児童でも理解できる身近なものとして説明することに挑戦し、『A Fresh Squeeze on Data』と題するダウンロード対応の児童書を完成させました。

    Cloudera と ReadyAI 社はこの取り組みの一環として、コネチカット州の Ulbrich Boys & Girls Club が主催する「Summer Brain Gain」サマーキャンプを後援しました。Ulbrich Boys & Girls Club では、この本と付録のレッスンプランを今秋、地元の学校に取り入れる予定です。

    この本を読む

    Cloudera Cares: グローバルコミュニティへの還元


    従業員の生活と仕事の基盤となる地域社会への貢献。

    Cloudera Cares は、地元コミュニティを支援し、地域の人々の暮らしを向上させるために貢献しており、世界各地の Cloudera 社員全体の精神と価値観を体現しています。Cloudera Cares は、自身が暮らし、働き、活動する地域社会への還元に取り組む Cloudera 社員による慈善活動です。ハイライトの1つは Cloudera Cares の Global Day of Service です。Cloudera の従業員が世界中から集まり、ボランティアとして共に働く毎年恒例のイベントとなっています。 

    このプログラムについてもっと詳しく

    Global Day of Service に参加する Cloudera 社員

    世界トップレベルのトレーニング、サービス、サポート

     

    サポート、コミュニティ、ドキュメント、ナレッジベースなどにアクセスできます。

    Cloudera の製品をフル活用するための知識を習得することができます。

    製品の専門家とデータサイエンティストで構成されたチームが、ゼロから成功まで皆様のお手伝いをします。

    ポリシーとコンプライアンス

     

    現代の奴隷労働と人身売買に関する Cloudera の声明を見る (2021会計年度)。

    Cloudera は排出量実質ゼロの達成に取り組んでいます。その一環として進行中の炭素排出量削減についてお読みください。 

    Your form submission has failed.

    This may have been caused by one of the following:

    • Your request timed out
    • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.