small image Ebook: 初心者のための Apache NiFi
  • Cloudera Cloudera
  • 概要

    組織全体で製品としてデータを管理および提供

    データメッシュを活用すると、従来のモノリシックアプローチでデータアーキテクチャーを構築する際に生じる制約を克服できます。分散アーキテクチャーをハイブリッドプラットフォームで開発するのは有効な手段ではありますが、その際には所有権とガバナンスを促進するように考慮して構築する必要があります。

     

    モダンデータアーキテクチャーを示す CDP 図

    Cloudera Data Platform (CDP) でアーキテクチャーの主要原則に沿ったデータメッシュを実現

    ドメインの所有権

    ドメインの所有権を任意のレベルの粒度で割り当てることができます。所有権を委譲されると、メタデータ、アクセス、およびすべてのワークロードに対する使用ポリシーを管理する責任が伴います。

    製品としてのデータ

    データを見つけやすく、自己記述型で、利用可能なものにすることで、F.A.I.R レベルの品質 (検索可能、アクセス可能、相互運用可能、再利用可能) に関する幅広い考え方をサポートします。

    セルフサービス型データプラットフォーム

    各ドメインでデプロイするデータインフラストラクチャーサービスとその規模を選択できるとともに、チーム内でそれらのツールを使用するロールを管理できます。

    フェデレーションガバナンス

    フェデレーションサービスを使用してグローバルな規制の制約とポリシーに対処し、データとシステムを保護します。

    主なコンポーネント
     

    すべてのデータをあらゆる場所で安全に活用


    Cloudera DataFlow


    Cloudera DataFlow を導入すると、ユニバーサルデータ配信サービスを実現して、データメッシュの基盤を構築できます。

    この基盤上でローコードのオーサリング機能を使用すれば、独自仕様にしばられることなく、あらゆる場所であるあらゆる構造のデータソースにアクセスして処理し、どこにでも配信できます。


    Cloudera DataFlow


    Cloudera DataFlow を導入すると、ユニバーサルデータ配信サービスを実現して、データメッシュの基盤を構築できます。

    この基盤上でローコードのオーサリング機能を使用すれば、独自仕様にしばられることなく、あらゆる場所であるあらゆる構造のデータソースにアクセスして処理し、どこにでも配信できます。

     

     


    ハイブリッドクラウドデータのポータビリティ


    Cloudera Data Platform (CDP) を使用すると、プライベートクラウド、パブリッククラウド、またはマルチクラウド環境全体で統合されたデータワークフローエクスペリエンスを実現できます。CDP で以下が可能になります。

    • どこでも同一のデータワークフローエクスペリエンスを得る
    • ハイブリッドクラウド環境の任意のシステムからデータ、セキュリティルール、ワークフロー全体を安全に管理された方法で移植する
    • 独自のデータシステムから移行し、ユニバーサルデータ配信と DaaS (data as a service) を導入する


    ハイブリッドクラウドデータのポータビリティ


    Cloudera Data Platform (CDP) を使用すると、プライベートクラウド、パブリッククラウド、またはマルチクラウド環境全体で統合されたデータワークフローエクスペリエンスを実現できます。CDP で以下が可能になります。

    • どこでも同一のデータワークフローエクスペリエンスを得る
    • ハイブリッドクラウド環境の任意のシステムからデータ、セキュリティルール、ワークフロー全体を安全に管理された方法で移植する
    • 独自のデータシステムから移行し、ユニバーサルデータ配信と DaaS (data as a service) を導入する

     

     


    シェアードデータエクスペリエンス (Shared Data Experience)


    SDX は CDP の不可欠な要素であり、メタデータを基盤とするセキュリティおよびガバナンスの統合テクノロジーを提供します。SDX を導入すると、あらゆる場所のあらゆるインフラストラクチャーでデータと分析を包括的に管理し、リスクと運用コストを軽減できます。安全性が高くガバナンスが効いたデータレイクを短期間で展開することで、IT 部門はセキュリティを犠牲にすることなく、より多くのユーザーにより多くのデータを提供できます。


    シェアードデータエクスペリエンス (Shared Data Experience)


    SDX は CDP の不可欠な要素であり、メタデータを基盤とするセキュリティおよびガバナンスの統合テクノロジーを提供します。SDX を導入すると、あらゆる場所のあらゆるインフラストラクチャーでデータと分析を包括的に管理し、リスクと運用コストを軽減できます。安全性が高くガバナンスが効いたデータレイクを短期間で展開することで、IT 部門はセキュリティを犠牲にすることなく、より多くのユーザーにより多くのデータを提供できます。

     

     


    堅牢な Data Catalog

    Data Catalog を使えば、すべてのインフラストラクチャーのあらゆる場所でデータを検索、集約、監査し、関連する洞察を生成できます。

     

    • データとその使用形態について理解し、ドキュメント化し、監視することができます
    • 関連するデータに対して規則や基準を適用できます
    • 組織的あるいは技術的なデータ保護対策を実装できます
    • 完全なインサイトによって、責任を持ってデータを共有することができます

     


    堅牢な Data Catalog

    Data Catalog を使えば、すべてのインフラストラクチャーのあらゆる場所でデータを検索、集約、監査し、関連する洞察を生成できます。

     

    • データとその使用形態について理解し、ドキュメント化し、監視することができます
    • 関連するデータに対して規則や基準を適用できます
    • 組織的あるいは技術的なデータ保護対策を実装できます
    • 完全なインサイトによって、責任を持ってデータを共有することができます

     

     

     

    Hello Fresh 社のロゴ

    HelloFresh 社では、日々 15TB 以上増加するデータを2,500のダッシュボードに反映して活用しています。

    「弊社では Cloudera を中心に据えてデータドリブンな意思決定をしているだけでなく、社内の関係者全員が Cloudera を活用してキャンペーンや業務パフォーマンスを詳細に分析し、ビジネスのかじ取りを行っています」

    — HelloFresh 社、データおよび分析担当ディレクター、Kai von Grambusch 氏

    Hello Fresh 社のロゴ

    HelloFresh 社では、日々 15TB 以上増加するデータを2,500のダッシュボードに反映して活用しています。

    「弊社では Cloudera を中心に据えてデータドリブンな意思決定をしているだけでなく、社内の関係者全員が Cloudera を活用してキャンペーンや業務パフォーマンスを詳細に分析し、ビジネスのかじ取りを行っています」

    — HelloFresh 社、データおよび分析担当ディレクター、Kai von Grambusch 氏

    リソース
     

    場所を問わずにデータを管理するための詳しい情報をご紹介

    Video

    CEO の Rob Bearden が語るハイブリッドデータの未来の実現

    Whitepaper

    データアーキテクチャーシリーズ: データメッシュのパラダイム

    世界最高クラスのトレーニング、サポート、サービス

    Your form submission has failed.

    This may have been caused by one of the following:

    • Your request timed out
    • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.