多様性・機会均等・包摂性コミュニティのご紹介

機会均等委員会のメンバーの画像
機会均等委員会

当社 CEO が2020年6月に創設した機会均等委員会は、Cloudera の全事業部門からそれぞれ選出された、多様な代表者で構成されています。委員会は、戦略的な計画立案、新たなイニシアティブの導入、リソースの提供を通じて、多様性・機会均等・包摂性 (DE&I) に関する当社の取り組みを支えており、DE&I チームの発足に尽力しました。

社員リソースグループ (ERG) 諮問委員会のメンバーの画像
社員リソースグループ (ERG) リーダー会

社員リソースグループ (ERG) は会社が公認する社員主導のコミュニティで、さまざまな特性と経験を備えた構成員のニーズをサポートします。ERG リーダー会は、Cloudera の 9 つの ERG を代表するリーダーで構成される包摂的なグループで、全体としての進捗を促し、グループ間の交流を図り、協調的な文化を体現します。

Cloudera で働く人々

Cloudera では多様性のある職場環境の構築に力を尽くしていますが、目標としているレベルにはまだ到達していません。当社の多様性・機会均等・包摂性 (DE&I) チームは、事業部門を横断してリーダーやチームメンバーと協力し、代表性のギャップを縮める取り組みを進めています。

 

このデータは現在の進捗状況を反映していますが、これからの成長機会の一部を示しているに過ぎません。多様性の分析を継続して透明性と説明責任に対する注力を高めつつ、四半期に 1 度のペースで総合的なデータを公開していきたいと考えています。

  • 世界
  • 米国
  • テクノロジー
Cloudera のダイバーシティとインクルージョンデータ (世界全体の性別比): 女性25.8%、男性73.9%、回答なし0.3%
Cloudera のダイバーシティとインクルージョンデータ (米国の性別比): 女性25%、男性76.4%、回答なし0.4%
Cloudera のダイバーシティとインクルージョンデータ (アジア太平洋の性別比): 女性26%、男性74%
Cloudera のダイバーシティとインクルージョンデータ (欧州、中東、アフリカの性別比): 女性26.8%、男性72.8%、回答なし0.4%
Cloudera のダイバーシティとインクルージョンデータ (米国の性別比): 女性26.6%、男性72.9%、回答なし0.5%
Cloudera のダイバーシティとインクルージョンデータ (米国の人種と民族): アメリカ先住民0.5%、多民族2.0%、黒人4.0%、ラテンアメリカ系5.0%、アジアおよびインド35.9%、白人44.9%、回答なし7.7%
Cloudera のダイバーシティとインクルージョンデータ (世界の技術職とエンジニアリング職の性別比): 女性16%、男性83.9%、回答なし0.1%
Cloudera のダイバーシティとインクルージョンデータ (米国の技術職とエンジニアリング職の人種と民族): アメリカ先住民0%、多民族1.6%、黒人2.3%、ラテンアメリカ系2.9%、アジアおよびインド46.7%、白人37.6%、回答なし8.9%

性別データは世界を対象としています。人種/民族データは米国のみです。すべての統計情報は自己申告に基づいています。
2022年7月31日

社員リソースグループ (ERG)

社員リソースグループ (ERG) は、職場内で共通の興味や関心、課題を持つ多様なコミュニティとグループを代表しています。ERG は会社と連携し、安心して働け、互いに支え合う企業文化を育む一方で、Cloudera の目標と目的の達成をサポートする教育と戦略的な洞察を提供します。

 

Cloudera AAPI Plus ロゴ
Cloudera APAC ロゴ
Cloudera Capable ロゴ
Cloudera CBEN ロゴ
Cloudera EMEA ロゴ
Cloudera Latinx ロゴ
Cloudera LGBTQ ロゴ
Cloudera Veterans ロゴ
Cloudera Women ロゴ

弊社は、包括的で多様なサプライヤーとのサプライチェーンの構築に取り組んでいます。

キャリア

「Cloudera 社員になる」ことは、業界トップクラスの優れた人材と一緒に働く機会を得ることを意味します。さらに、仕事を通じてビッグデータを巡る業界の動向に前向きな影響を与えることができます。Cloudera の企業文化と理念の中心にあるのは、当社の核を成す価値観です。当社の社員が Cloudera を選ぶ理由は、ビッグデータのエキスパートであるからだけでなく、この同じ価値観を共有しているからです。Cloudera 社員は、公正であるよう努め、卓越性を追求し、誠実を旨として、リスクを取って行動しています。

職場で話している多様な人々のグループの画像

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.