Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

  • Cloudera Cloudera
  • データには「賞味期限」があります。現在のストリーミング・アーキテクチャでは、組織がリアルタイムでデータを収集し、新鮮なうちにデータを活用できなければ、そのデータは無価値になる可能性があります。

     

    残念ながらほとんどの組織では、ビジネス上の意思決定を行うために、適切なタイミングでデータを準備して分析するということができていません。また、データの準備不足、スキル不足、業務に適したストリーム処理エンジンがないなどのインフラ不足など、データ管理の重要な課題に直面している場合があります。


    Clouderaの依頼でフォレスター・コンサルティングが実施した調査*1では、さまざまな業界や役割の150人以上のデータ専門家を対象に調査を行い、組織が現在どのようにこの課題に取り組んでいるかを調査しました。

    of

    This browser does not support inline PDF's. Please download the pdf to view it.