Cloudera Data Platform の SDX を今すぐ無料でお試しください。
概要

SDX があらゆる場所で一貫したポリシーを適用して CDP のセキュアな設計を実現。

SDX は Cloudera Data Platform アーキテクチャーの基盤を成す要素であり、他のベンダーのようにセキュリティやガバナンスを後付けするアプローチとは設計がまったく異なります。コンピュートおよびストレージレイヤに依存しない SDX は、メタデータに基づいてセキュリティおよびガバナンステクノロジーを統合したものであり、パブリッククラウドでもプライベートクラウドでも、すべての分析において文脈を維持します。一度定義すればあらゆる場所にシームレスに適用できるマルチテナントデータアクセスモデルを採用し、一貫性のあるデータ文脈によってシンプルなデータアクセスと分析を実現します。

SDX によりすべての環境で一貫したデータ文脈が維持されるので、リスクや運用コストを削減できます。安全性が高くガバナンスが効いたデータレイクを短期間で展開することで、IT 部門はセキュリティを犠牲にすることなく、より多くのユーザーにより多くのデータを提供できます。

SDX の優位性: メタデータと文脈


 SDX は、運用、ソーシャル、およびビジネス上の特性 (文脈) をも捕捉できる点で従来の構造化メタデータよりも優れています。文脈により、データアクセスとその利用を常に認証、追跡、監査することができます。  

ユースケース

  • 新しいデータの迅速なオンボーディング
  • マルチテナントのデータポリシーの設定
  • データアクセスを安全に拡張
  • 法規制の遵守

新しいデータの迅速なオンボーディング


新しいデータを自動的に分類および特性付けすることで企業の標準やコンプライアンスを確実に遵守。

新しいデータをできるだけ早くエンドユーザーに提供したくても、その内容を把握して適切なポリシーを特定するのに時間がかかるため、簡単にはできません。Data Catalog は、受信したデータをすぐに分類してカテゴリー別にします。そして Apache Ranger が適切なポリシーを適用し、Apache Atlas がリネージを追跡することで、コンプライアンスを証明します。

BCP 社: 新しいデータセットをオンボーディングして、年間で7,600万ドルの預金高増加を達成

メインフレームとデータウェアハウスから90TB もの分析用データを短時間で提供しています。

成功事例を読む

マルチテナントのデータポリシーの設定


ユーザーとグループに対し、使用する権限があるデータのアクセスのみを許可するポリシーを適用。

プラットフォームの管理者やアーキテクトはアクセスポリシーを作成および管理して、属性と分類に基づき同じデータを未加工のまま、あるいは難読化または非表示にして、さまざまなユーザーやグループに提供できます。Apache Ranger に基づく SDX ではデータのコピー処理が介在しないので、ガバナンスおよびコンプライアンスルールが一貫して適用されます。


IQVIA 社: グローバルなマルチテナントデータレイクが、安全でガバナンスが効いたデータアクセスとクエリ機能を提供

2,000人を超えるユーザーがセルフサービスでデータにアクセスして、より深く正確な洞察を得ています。

成功事例を読む

データアクセスを安全に拡張


より多くのユーザーとグループがデータに安全かつ自動的にアクセス。

多くの企業は、データ主導のより良い意思決定を下せるように、ユーザーがもっとデータや分析を活用できるようにしたいと考えています。Apache Atlas に基づくデータのリネージと分類を利用すれば、法規制を遵守しつつ、またそのための手作業の労力と時間を減らしながら、このデータアクセスの拡大を実現できます。

BCP 社: 新しいデータセットをオンボーディングして、年間で7,600万ドルの預金高増加を達成

メインフレームとデータウェアハウスから90TB もの分析用データを短時間で提供しています。

成功事例を読む

法規制の遵守


コンプライアンスを達成し、制裁金の適用を回避し、マーケットプレイスの信頼を獲得。

GDPR や CCPA などの規制に準拠するには、最新のデータアーキテクチャーを導入して、絶えず拡大を続けるデータプライバシー保護要件から生じるビジネスおよびセキュリティ上のリスクを減らす必要があります。SDX なら、ビジネスプロセスを中断することなく機密データを特定および管理して、コンプライアンスを達成できます。すべてのデータおよび環境にわたり一貫したセキュリティとガバナンスを透過的に実現することもできます。

GSK 社: 医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律 (HIPAA) などの厳格な業界および社内基準に対応

2,000以上のシステムのメタデータとポリシー情報を一元管理して、業界標準のコンプライアンスを確保しています。

成功事例を読む

主な特長

SDX に組み込まれた Data Catalog では、すべてのデータ資産を発見して管理できる単一のビューが提供されます。データはプロファイリングされ、運用、ソーシャル、およびビジネス上の文脈を含む豊富なメタデータで強化されます。これで、信頼性の高い再利用可能なデータ資産が構築されて検索可能になります。

きめ細かく動的なロールおよび属性ベースのセキュリティルールの標準化とシームレスな適用により、マルチテナントのデータアクセスポリシーを簡単に作成、管理、および維持できます。こうした機能は、さまざまなグループがさまざまな分析を適用する際に機密データに権限なくアクセスしてしまう事態を防止し、ビジネスおよびセキュリティ上のリスクを排除してコンプライアンスを確保するのに役立ちます。

データの分類、リネージ、モデリング、監査などをプラットフォーム全体で統一して運用することで、機密データを特定して管理し、規制要件に効果的に適応します。すべての分析と環境のデータ管理を行うことで、データの取り込みからアーカイブ、削除に至るライフサイクル全体でコンプライアンスを証明できます。

リソースを配備すると Kerberos を使用するように自動的に設定され、ネットワーク上を移動中のデータは Auto-TLS で暗号化されます。オンプレミスとクラウド内に保存されたデータは、エンタープライズグレードの暗号化技術で保護され、テスト済みのベストプラクティスの構成をサポートしています。

SDX では、ワークロードとデータをその文脈と共に、オンプレミスのデータセンターと複数のパブリッククラウド間でインテリジェントに移動できるため、インフラストラクチャーに依存しないシステム環境を実現できます。ワークロードパフォーマンスなどの主要な指標から得られる洞察に基づいて、リソース使用率の最適化やパフォーマンス、コスト、自己回復力のバランスなどに関する優れた推奨事項が提示されます。

ご興味をお持ちであれば、詳しい内容をぜひご覧ください


Cloudera Data Platform の SDX を体験

セキュアな設計

SDX の卓越したセキュリティフレームワークが CDP に標準統合

セキュリティを後から考えたり、後付けで追加する他のベンダーとは異なり、CDP は SDX のデータ文脈アーキテクチャーによって、設計の段階からセキュリティを組み込んでいます。そのため、企業はセキュリティを損なうことなく、新しいデータを迅速に利用できます。SDX は、データレイクの展開時にもデータの使用開始時にもすぐに使える包括的なセキュリティ機能を提供します。

セキュアなプラットフォーム環境
 
  • アイデンティティ: エンタープライズユーザーおよびグループのマルチテナントクラスタへの追加を管理し、管理者の負担を軽減
  • ネットワーク: Kerberos ベース認証、TLS 回線暗号化、および Web インターフェース用の DNS とプロキシを設定して、一貫性の高いセキュアな環境を確保
  • ストレージ暗号化: プラットフォーム全体で保存中のデータを暗号化することで、セキュリティを強化し、リスクを軽減
セキュアなデータアクセス
 
  • SSO: サービスの Web UI に LDAP ベースの認証と承認を適用し、シームレスなユーザーエクスペリエンスを提供
  • 権限設定: タグベースのポリシーでマルチテナントクラスタでのデータアクセスを管理することで、データへのアクセスを安全に拡張
  • リネージと監査: すべての環境 (一時的/永続的、シングルユーザー/マルチユーザー) で、統合された永続的な監査およびリネージを利用して、データライフサイクル全体でコンプライアンスを証明
  • データスチュワードシップ: ビジネス文脈を使用してデータセットを検出、プロファイリング、キュレーション、およびタグ付けし、信頼性の高い再利用可能なデータ資産を構築

始める

SDX デモ

Cloudera のエキスパートが実施するデモに参加して、SDX の機能の概要や製品の詳細な情報をお確かめください。

答えを見つける

Discover CDP ビデオツアー


SDX だけでなく CDP について詳しく知ることで、データライフサイクル全体がどのように管理され、セキュリティで保護されているかを理解できます。

今すぐ見る

CDP テクニカルリソース

技術情報やリソースを提供するワンストップショップで、時間を節約しながら CDP のスキルを構築し、知識を習得しましょう。

詳細

無料トレーニング

CDP の背景情報、導入、エクスペリエンスなど、CDP のさまざまな側面をカバーするオンデマンドの無料トレーニングコースで迅速に知識が得られます。

トレーニングに進む

価格

料金体系、支払条件、ライセンスの詳細、時間単価を確認したり、簡単な計算機能を使ってコストの見積りを行えます。

価格情報

製品ドキュメント

リソース計画、製品構成、製品管理のベストプラクティスから始めましょう。

今すぐ読む

Webinar

ハイブリッドクラウドを活用して、国際的なデータプライバシーコンプライアンスに対応

Ebook

一貫したデータガバナンスで高いビジネス価値を実現

Analyst Report

451 Research:ハイブリッドクラウドの機会およびデータ管理の考察

Analyst Report

データガバナンスで成果の獲得を迅速化

世界最高クラスのトレーニング、サポート、サービス

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.