Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

データ駆動型の企業に生まれ変わるためには、新しいアプローチが必要です

あらゆる企業が、その競争優位性の確保に向けデータを活用したいと考えています。しかし、ほとんどの企業がそれを実現できていません。なぜでしょう? それはデータがあらゆる場所に拡散し、分析機能がサイロ化しているからです。

価値の高い革新的なビジネスユースケースである、IoT対応の予防保守やゲノム解析、またリアルタイムのコンプライアンス監視などの場合、同じ多様性に富んだデータセットに対して、様々な異なる分析ワークロード データサイエンスツール 、そして機械学習アルゴリズムを適用できる必要があります。それこそが、革新的な企業がデータから価値を引き出し、このデータ時代における競争を勝ち抜くための手法と言えます。

しかし、多くの企業がこの対応に苦しんでいます。その理由は:  

  1. 分析ワークロードがサイロ化し、バラバラに稼動している状態であったり、最新のクラウドデータウェアハウスや、データサイエンスツールが連携して機能するよう設計されていない。
  2. データセンターやパブリッククラウド、さらにエッジなど、あらゆる場所にデータが拡散しており、さらに、分析機能や機械学習アルゴリズムにおいてデータを活用する実践的な方法が欠如している。
  3. サイロ化した分析機能やデータの拡散によって、一貫したデータのプライバシーやIPの保護が困難だったり、業務の生産性を低下させたりコストの増加を招く、手間のかかる管理を強いられる。

 

ほとんどの企業が新しいアプローチを必要としています。データの可視性を高めるだけの単純な分析では、決して十分とは言えません。データ駆動型であるためには、あらゆる場所に存在するデータに対して、様々な分析手法を適用できなければなりません。例えば、自動運転やコネクテッド車両を考えてみてください。様々なエンドポイントからのデータをエッジでリアルタイムに処理したり、ストリーミングすると同時に重要な結果を予測し、同じデータセットに対して機械学習を適用できる必要があります。 

新たなアプローチ - エンタープライズ・データ・クラウド

エンタープライズ・データ・クラウドによって、エッジからAIに至るまで、あらゆる場所に存在する複雑なデータから、明解で実践的なインサイトを引き出せるようになります。

データがどこに存在していても、最新の分析ワークロードをあらゆる環境で柔軟に実行することができます。

これらのワークロードは、パブリックやプライベートなど、異なるクラウド環境間で移動が可能となり、ベンダーによるロックインを回避することができます。

パブリッククラウドの俊敏性や弾力性、そして使い易さといった特性を持つだけでなく、セキュリティやガバナンスに向けた共通フレームワークのデザインによって、プライバシーや規制へのコンプライアンス対応が可能となります。

エンタープライズ・データ・クラウドは、これまで企業が経験してきた対象とは全く異なるものです。

enterprise data cloud architecture diagram
ハイブリッドクラウドとマルチクラウド

オンプレミスやオフプレミスと同等の機能を提供しながら、すべての主要なパブリッククラウドだけでなく、プライベートクラウドも同時にサポートできることが求められます。

多機能分析

同じソースデータを使った多機能分析が可能で、データに関する差し迫った課題に合理的に対応できなければなりません。

セキュリティとガバナンス

あらゆる環境において、企業データのプライバシーやガバナンス、データの移行、メタデータの管理に関する要件を満足できる必要があります。

オープンプラットフォーム

100%オープンソースで、オープンなサーバーやストレージを使用し、ベンダーロックインを排除しながら、最大の相互運用性を保証できなければなりません。

エッジからAIに至るまで、分析機能を活用したビジネスユースケースを提供

Clouderaのお客様が、セキュアでガバナンスに優れた多機能分析や機械学習によって、いかに複雑なデータを明解で実践的なインサイトに変えることができたかという点について説明します。

Clouderaは、最も要求の厳しいビジネスユースケースにも対応できるよう、幅広いデータ分析のための統制機能を提供します。エッジからAIまで、つまりエッジ分析機能からストリーミング分析、データエンジニアリング、データウェアハウス、業務分析、データサイエンス、さらに機械学習に至るまで、これらすべてのデータ統制機能が、データセンターやマルチパブリッククラウド、ハイブリッドクラウドなど、求められるあらゆる環境を横断する形でシステム全体をセキュアに連携させます。

Clouderaが提供する現在のプラットフォームは、ハイブリッドおよびマルチパブリッククラウド、多機能分析、共有セキュリティやガバナンスサービス (SDX) 、サーバーやストレージを自由に選択することが可能なオープンソースプラットフォームなど、エンタープライズ・データ・クラウドに必要となるすべての主要な機能を提供することができます。

しかし、それだけではありません。Clouderaは、新しいCloudera Data Platformによって、業界初のエンタープライズ・データ・クラウドを提供しようとしているのです。

 

enterprise data cloud diagram

業界初となるエンタープライズ・データ・クラウドの提供

cloudera data hub diagram

HortonworksとClouderaが持つテクノロジーの互いに優れた点を組み合わせたCloudera Data Platform (CDP) が、業界初のエンタープライズ・データ・クラウドを提供します。CDPは:

  • 当初はパブリッククラウドサービスとして提供し、今年の後半にはプライベートクラウドにも対応する予定です
  • お客様は、2つの主要なパブリッククラウドである、AWSとAzure上のネイティブなクラウドサービスを利用して、現状のHDPやCDHを拡張することができます
  • パブリッククラウドのようなエクスペリエンスの俊敏性や弾力性、そして容易な使い勝手によって、オープンソースデータ管理機能や多機能分析機能を完全に補完します
  • 1つのコントロールプレーンから、インフラストラクチャーやデータ、さらに分析ワークロードを、ハイブリッドやマルチクラウド環境を横断する形で管理できます
  • SDX共有サービスによって、クラウド環境全体でデータプライバシーの保護やコンプライアンスの遵守、そしてサイバーセキュリティ上の脅威に対応することができます
  • 100%オープンソースであることによって、お客様が求めるベンダーロックインを回避しながら企業の革新を加速するという目標の達成を支援することができます

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.