Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

Cloudera Data Warehouse によるクラウドネイティブな BI と分析機能

クラウド環境の柔軟な Cloudera Data Warehouse で、より多くのデータからより多くの価値を、優れたコスト効果で引き出せるようになります。クラウドネイティブな各種機能により、たとえデータがどこにあっても、ETL やデータコピーを必要とすることなく、ハイパフォーマンスなアナリティック SQLを実行することができ、いつでも自在に拡張できるのは Cloudera だけです。

高い柔軟性を持って探索と分析を

Cloudera は、クラウドの柔軟性と優れたコスト効果の高い伸縮性を活かし、迅速にインサイトを提供可能な、業界最先端のデータウェアハウスです。Amazon S3 のようなクラウドネイティブなストレージに存在するデータに、直接クエリを実行することで、融通性のないデータモデリングや、時間を浪費するデータローディングを行なう必要はありません。お客様のニーズに合わせて、ダイナミックに展開し、自在に拡張・縮小することができます。他のクラウドベースの分析データベースに比べ、コストパフォーマンスにも優れています。

ブログを読む

Cloudera Enterpriseはビッグデータアナリティクスのクラウド移行を加速させます

クラウドネイティブストレージへのダイレクトなクエリを実現

Amazon S3に保存されたデータを個別のストレージに移行したり、専用フォーマットに変換したりする必要なく、直接ハイパフォーマンスなSQLアナリティクスを実施できます。

ニーズの変化に合わせた自在な拡張および縮小

近代的な分離アーキテクチャーによってピーク時とオフピーク時の利用をサポートできるため、必要に応じた形で処理能力とストレージ能力をそれぞれ自在に拡張および縮小できます。

従量課金制の一時クラスタ利用

定期的なバッチジョブに対しては、ニーズの変化に合わせてクラスタをスピンアップ、スピンダウンしてホスティングコストの削減を図ることができ、時間を要するデータローディングを行う必要もありません。

データのポータビリティと柔軟性

共有オブジェクトストアでは、データが単独のアプリケーションに結び付けられることはありません。該当データは、個別のクラスタに移行されることなく、ETLやデータサイエンスなどの複数のアプリケーションで使用することができます。

テクノロジー上のメリット

Cloudera Enterprise は、Apache Impala を基盤とし、クラウド環境でハイパフォーマンスな SQL アナリティクスを実行できる、最先端のデータウェアハウスを提供します。Impala は、ハイブリッドポータビリティを備えた唯一の MPP SQL エンジンとして、オープンな共有データプラットフォームに保存されたデータを運用できるよう設計されています。例えば、Apache Hadoop の HDFS ファイルシステム(Amazon EBS ローカルストレージ利用)、Apache Kudu のカラムナーストレージ、さらに Amazon S3 のようなオブジェクトストアなどのプラットフォームに対応します。

Impalaは、オープンフォーマットで複数のソースのデータにアクセスできるため、より迅速かつ柔軟にデータに対してクエリを発行できます。モノリシックな分析データベースアーキテクチャーでは当たり前な、融通のきかないデータモデリングやデータローディングも必要ありません。この機能は、特にクラウド環境において有効となり、一時クラスタの利用やオンデマンドの融通性を活かすことで、クラスタのホスティングコストを削減することが可能です。

Paired with the powerful batch processing tool Hive-on-Spark (which also supports cloud-native data access), you can take full advantage of a shared data layer to support ETL and BI analytics in the cloud. Using Cloudera Altus Director, you can spin up transient clusters for periodic batch and data preparation jobs and terminate the cluster once complete. This data is immediately available for BI and exploration, and Cloudera Altus Director makes it easy to elastically grow and shrink these clusters based on peak usage.

Clouderaのプラットフォームなら、共有データをアーキテクチャーの中心に置き、複数のアプリケーションとフレームワークを統合してデータの価値を高め、リアルタイムアプリケーションの一環としてアナリティクスを実行することができます。またオブジェクトストアを利用することで、マルチテナント分離を行い、データのリソーシングの最適化を図ることができます。

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.