Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

データを活用する。お好みの方法で。Cloudera SDX は、多機能データアプリケーションの容易な開発と、低コストでよりセキュアな導入を可能にする、強力なソフトウェアフレームワークです。データやアプリケーション、そして開発者が自由に利用できるシェアードデータエクスペリエンスを提供できるのは SDX だけです。

企業向けに開発され、クラウドに最適化

クラウド上のデータアプリケーションは、サイロ化した一時的なもので、隔離されたインフラストラクチャー上で稼動しており、そのセキュリティポリシーやメタデータコンテキストもまた、他とは別になっているケースが数多く見られます。

Cloudera Shared Data Experience (SDX) は、このような問題を軽減する強力なフレームワークです。SDX によって、オンプレミスにおける一元化されたセキュリティやガバナンス、さらにメタデータ管理などをあきらめることなく、クラウド環境における多機能アプリケーションのシンプルな開発や導入を実現します。

これまでオンプレミスやクラウドで稼動させてきたアプリケーションを、マネージド・サービスとしてパブリッククラウドで稼動可能にする SDX の以下の提供機能によって、ユーザーが求める場所にいつでもデータを提供できるようになります。

  • 共有カタログ: 新しいアプリケーションやパートナーソリューションに向けたデータ構造や、業務コンテキストを定義して保存することができます
  • 統合セキュリティ: 一時的あるいは繰り返し実行されるワークロードの機密データを、一貫性のあるコントロールで保護します。
  • 一貫性のあるガバナンス: セキュアなセルフサービスを使ってすべての関連データにアクセスできることで、コンプライアンス対応能力が向上します
  • 容易なワークロード管理: ユーザーの生産性を向上し、予測通りに仕事を進められるようにします
  • 柔軟なデータの取り込みとレプリケーション: すべてのデータを1つのコピーに集約することで、ディザスタリカバリでの利用や容易なマイグレーションを可能にします

Cloudera Enterprise:ステートフルなコンテキスト、共有エクスペリエンス

Cloudera SDX diagram showing combined data

現在、高い価値を提供している機械学習や分析機能のユースケースは、異なるソースからのデータを1つにまとめるさまざまなデータ機能に依存しています。異なるソースからのデータを1つにまとめる機能は、他のデータ管理プラットフォームには欠けている部分です。一方、Cloudera は、そのような状況を前提としてビジネスをスタートしています。

あらゆるデータを対象にした統合データ管理機能である SDX は、オンプレミスやクラウド環境における多機能分析アプリケーションのオーケストレーションで必要となるステートフルなデータコンテキストと、一貫性のあるシェアードデータエクスペリエンスを提供します。

データカタログ

統合データ管理が、どこであっても、そしてどこからでも素早く関連データを探し出し、一時的な環境であっても、これら全てのデータに背景情報を持たせる共有カタログを使ったセルフサービスを推進します。

Cloudera Navigator

統合セキュリティ

様々な分析アプリケーション、クラスタ、環境に対して、きめ細かなロールベースのセキュリティポリシーと監査の標準化と適用が可能です。また、機密データや制限されたデータへの不正なアクセスを防止します。

Cloudera Security

一貫性のあるガバナンス

セルフサービスを可能にし、コンプライアンス違反のリスクを低減します。また、Cloudera プラットフォームにおける共通ガバナンス機能、データリネージ、監査機能により、現在そして将来にわたる、あらゆる分野の分析ワークロードをサポートします。

Cloudera Governance

容易なワークロード管理

ワークロードのプロビジョニング、モニター、コントロール、最適化が、共通のオペレーションで可能です。マルチテナントのクラスタを自社のデータセンターに、あるいは定常的または一時的なクラスタをパブリッククラウドに構築し、同じツールを使って、アプリケーションを安定的に、容易に稼働させることができます。

Cloudera Manager

柔軟なデータ取り込みと複製

さまざまなデータソースに接続し、ハイブリッドあるいはマルチクラウド環境横断的なバックアップや DR 機能によって、オンデマンドでデータの移行が可能になります。

エンジニアリングブログを読む

 

拡張性

データ統合、ETL、BI、分析など、好みの Cloudera認定アプリケーションをクラスタに取り込むことができます。

Cloudera ソリューション ギャラリー

Altus SDX の発表: クラウドベースのアナリティクス
向け共有サービス

Cloudera の Shared Data Experience (SDX) が提供するマネージド・サービスである Cloudera Altus は、共有データカタログとコンテキストを使った、業界初で唯一の機械学習と分析のための PaaS (Platform as a Service) です。

強力な共有サービスを提供する Cloudera Altus SDX によって、コストやリスクの低減を図り、新しい分析アプリケーションをより迅速に市場に投入できるようになります。自社で構築した多くのクラウドサービスの場合、処理や分析のためにさまざまなサイロに重複したデータをコピーしたり、一時的な環境において重要なメタデータが失われてしまうようなケースが頻発していました。Altus SDX では、業務メタデータとポリシーを保存し、クラウド上で稼動する複雑な機械学習や分析アプリケーションに対して容易に提供することができます。

Altus SDX では、これまで企業のオンプレミス環境や、セルフマネージド・アーキテクチャーでしか実現できなかったガバナンス、データカタログの共有、そして優れた管理機能を、インフラストラクチャーを自ら監視することなく実装することができます。

Altus Data Engineering、Altus Data Warehouse (beta)、さらに今後予定されている Altus Data Science など、Altus のすべてのサービスは、同じデータとコンテキストを共有します。すべてのサービスに1つのデータソースで対応できるため、レプリケーションは不要で、データの一貫性が失われることもありません。

Webinar

How to build multi-disciplinary analytics applications on a shared data platform

Datasheet

Cloudera SDX

Webinar

Simplify your response to GDPR

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extention blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.