Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

すでにClouderaをご利用頂いていますか? 今すぐログイン、またはアクセスをリクエスト

予測可能性をオフロード計画に追加

エンタープライズデータウェアハウスやETLおよび分析のワークロードのオフローディングのサポートを目的に、Hadoopベースのプラットフォームを導入する企業がますます増加しています。しかし、Hadoopの導入後は、適切なワークロードの移行について計画しなければなりません。企業はいかにして、ワークロードのオフローディングリスクとコストを正しく評価・把握し、成果を上げるために何が必要かを見極めればよいのでしょうか?

Cloudera Navigator Optimizerは、Hadoop運用を成功に導くための包括的な戦略を策定する上で不可欠となるインサイトやリスク評価を提供します。既存のSQLワークロードをアップロードするだけで、Navigator Optimizerが互換性や複雑性に基づいて、該当ワークロードをHadoopにオフロードした場合の相対リスクや開発コストを算出します。Navigator Optimizerがあれば、お客様と組織はいつでも安心してHadoopを運用することができます。

さらに詳しく

変化し続けるデータのニーズへの対応

適切なワークロードのHadoopへの移行は、あくまで最初のステップに過ぎません。柔軟性に優れたHadoopを正しく運用するためには、新たな非構造化データを取り込み、データモデルを見直し、これまでと異なるアプローチでデータにアクセスして利用する必要があります。それでは、変化とニーズに常に対応するためには、どのようなデータモデルが必要とされるのでしょうか?

エンドユーザーやワークロードの変化に合わせてデータ利用状況をモニタリングし、効果的なデータ管理によって最適なデータモデルを提案できるのは、Cloudera Navigator Optimizerだけです。

BIパフォーマンスの最適化

分析の鍵を握るのはパフォーマンスです。レポーティングに利用することが可能なデータを準備できること、アナリストがアドホッククエリを設定・実行できること、そして、BIリポート作成時のセッションタイムアウトをなくすことが重要となります。HiveやImpalaといった最新のテクノロジーに合わせて、これらのパフォーマンスを効率的に最適化するためには、エンドユーザーがデータをどのような目的で使っているのかという点や、クエリ自体に問題があるケースなどを正確に把握する必要があります。Cloudera Navigator Optimizerがこれらの情報の把握をサポートすることで、お客様は重要項目とベストプラクティスの最適化に注力できるようになります。これによってSLAの不履行がなくなり、成果の達成だけを目指すことができます。

アナリティックデータベースの構築

最速の分析SQLエンジンであるApache Impala(incubating)を基盤とするCloudera Enterpriseは、多くのクライアントがBIや探索的ワークロードですでに利用している最新の分析データベースをサポートします。Cloudera Navigator Optimizerは、目の前の分析ワークロードでのHadoopの運用開始を容易にするだけではなく、未来の課題にも備えられるよう組織を支援します。

Clouderaのアナリティックデータベースについてさらに詳しく知る

エンタープライズグレード

Cloudera Enterpriseのコンポーネントとして提供されるCloudera Navigator Optimizerは、Clouderaの最新のアナリティックデータベースソリューションに組み込まれています。Navigator Optimizerは、最速のバッチ&分析SQLエンジンであるApache HiveおよびApache Impala(incubating)のためのアクティブなデータ管理機能を提供し、また、そのコアに強化されたセキュリティ機能を内蔵しています。Navigator Optimizerには、Clouderaのエキスパートサポートも組み込まれているため、安心してご利用頂けます。

Cloudera Supportについてさらに詳しく知る

Analyst Report

Efficiently Offloading and Optimizing BI Workloads to Hadoop with Cloudera Navigator Optimizer