Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

Shoppermotionは、Cloudera Enterprise Data Hubを使ったビッグデータ処理と機械学習分析によって、小売業者がその店内顧客の行動を理解するためのIoTソリューションを構築しました。

概要

Shoppermotion(前Proximus.io)は、メーカーや小売業者が、店内のお客様の行動をリアルタイムに理解し活用できるようにする独自のマッピングテクノロジーによって、物理的な小売店舗の在り方を変革したいと考えていました。

Shoppermotionは、Cloudera Enterprise Data Hubを使ったビッグデータ処理と機械学習分析によって、店内のコンシューマ・エンゲージメントを測定できるIoTソリューションを構築しました。小売業者は、本ソリューションによって得られたインサイトによって、商品の配列方法を改善し、販売を拡大し、動的な店内エクスペリエンスを提供することに成功しました。

導入効果

Shoppermotionは、小売業者やメーカーにとって最も重要な質問である「お客様は、どのように商品を見て回っているのか?」という問いに答えるためのIoTソリューションを提供しています。

Shoppermotionは、顧客一人ひとりの店内の動線を完全にトラッキングする機能と、高いパフォーマンスと拡張性を持つ分析エンジンを組み合わせることで、メーカーやマーケティング担当者、そして小売業者が店内のお客様の行動を理解し、学習できるようにしています。小売業者は、Cloudera Enterpriseをベースに構築したShoppermotionの分析エンジンによって、数百万にも及ぶお客様の店内全ての動線や、それぞれの通路における立ち止まり方の分析など、膨大な量のデータを処理して提供することで、買物のパターンや傾向を理解し、予測モデルを使って店舗の改善を図ることができます。

「Shoppermotionは、2005年にGoogle AnalyticsによるオンラインマーケティングがWebサイトを変革したように、実店舗における店内マーケティングを変革しようとしているのです」とShoppermotionのCEO、Jorge Garcia Bueno氏は述べています。

小売業者は、Shoppermotionのテクノロジー無しには測定が不可能だった新しいデータによって、店舗内のお客様に対する見方を変えることができます。例えば、お客様が通路のどの方向に歩いて行くかといった単純な動きであっても、マーケティング担当者が販促メッセージの場所を決定する際に役立つのです。

”当社のクライアントの中の1社は、エリア内の通行量や滞留時間を高めるようレイアウト変更を実施したことで、ある主力販売分野の売上げを9%伸ばすことができました”
Shoppermotion CEO、Jorge Garcia Bueno氏

さらに、これまで長い間オンラインの小売業者だけが可能であった、製品やマーケティングのキャンペーンのコンバージョンレートの計測や活用が、実店舗でも可能になりました。

ビジネスドライバー

お客様が商品を購入したかどうかというデータしか利用できないとすれば、物理的な小売店舗の意思決定には、自ずと限界があります。

「何十年もの間、小売店舗は、お客様が入店してある時間商品を見て回るという、中身の把握できない『ブラックボックス』のようなものだったため、お客様が何のために、またなぜそのような行動を取っているのかを、店舗側が理解できないままになってきました。今回のソリューションによって、新たな販売手段を手に入れることができたのです」とGracia Bueno氏は述べています。

オンラインストアであれば、お客様が何を見て、どんな商品が好みで何が嫌いか、また最終的な販売に至るまでどれだけの時間を買物に費やしたかを理解できます。オンラインストアは、広告のコンバージョンレートやクリックスルーレートなど様々なデータを使って戦略的な意思決定を行うことができるのです。

小売業者やメーカーは、マーケティングキャンペーンや新商品の開発に対して大規模な投資を行っていますが、データや評価基準があってこそ、より効果的な結果を生むことができるのです。Shoppermotionのソリューションは、このような評価基準を提供することで、物理小売店舗がより多くの情報に基づいた意思決定を行えるようにします。

ソリューション

Shoppermotionでは、クライアント向けにCloudera Enterpriseを使用したIoTアーキテクチャーを構築し、ストリーミング配信されるセンサーデータを容易に取り込み、保存、分析できるようにしました。Shoppermotionがサポートする物理小売店舗のショッピングカートや買い物カゴには、小型のビーコンが取り付けられています。ビーコンは、天井に設置されたBluetoothセンサーに1秒毎に信号を送信し、店内のお客様をトラッキングします。センサーは顧客の行動をリアルタイムに捉え、どの通路で買い物をしているか、どの方向から通路に入ったか、さらにそれぞれの商品の前にどれだけ滞留したかも判るようになっています。

Shoppermotionのクライアントは、カスタマイズ可能で簡単に操作できる分析ダッシュボードから、各店舗の全ての情報を確認することができます。また、Shoppermotionの小売専門家チームが、小売業者のニーズに応じた特別なビジネスインテリジェンス (BI) レポートを作成することも可能です。

ShoppermotionのIoTソリューションにより、小売業者は各通路の混雑度の計測や、レジ待ちのピーク時刻を予測することが可能になります。メーカーやマーケティング担当者は、プロモーションのコンバージョンレートを、各通路のコンバージョンレートと比較することで、店舗内における特定のマーケティングキャンペーンの実施に適したタイミングを知ることができます。

Clouderaを選択した理由

ポートとCloudera Managerにありました。「Clouderaのおかげでメンテナンスや設定に要する時間を大幅に削減でき、最も重要な仕事に時間を集中させることができました。これは、当社のような設立間もない企業にとっては非常に重要なことです。重要となるのは、Clouderaが、さまざなサービスの最新バージョンや新しいテクノロジーと迅速に統合できたことです」とShoppermotionのCTOであるMarco Doncel氏は述べています。

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extention blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.