Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

  • Cloudera Cloudera
  • Cloudera Data Platform を今すぐお試しください。

    概要

    データ分析における究極の柔軟性

    CDP Hybrid Cloud は、クラウド、分析、データを自由に選択し、あらゆる場所でデータのエンタープライズ分析をより迅速かつ容易に管理できるよう設計されたハイブリッドデータクラウドプラットフォームです。パフォーマンス、拡張性、セキュリティについて妥協する必要はありません。

    CDP Hybrid Cloud では、CDP Private CloudCDP Public Cloud のすべての価値を提供します。そのため、選択の必要はありません。以下を含むすべてを利用できます。

    • あらゆるクラウドで適切な分析を実行し、洞察を素早く獲得する柔軟性
    • 選択したクラウド全体で TCO を最適化するパフォーマンスと拡張性
    • シンプルなコンプライアンスを実現する、クラウド間で一貫性のあるセキュリティ

    CDP Hybrid Cloud は、ビジネスが行われる場所を問わずに実行できるため、すべてのデータを活用してより適切な意思決定を迅速に行うことができます。

    CDP Hybrid Cloud の図

    ハイブリッドデータクラウドとは、プライベートとパブリック両方のクラウドデータサービスを使用する環境です。

    CDP Hybrid Cloud のユースケース


    パブリッククラウドのスピードとプライベートクラウドのパフォーマンスを最大限に活用できます。

    ハイブリッドワークロード

    季節的な需要のピーク時や、リアルタイムでの対応が必要な緊急事態による需要のピーク時に、オンプレミスのワークロードをオフロードします。

    ハイブリッドパイプライン

    クラウドデータクラスタを使用してパイプラインを最適化することで、管理が容易になり、運用や SLA を変更する必要もありません。

    ハイブリッドデータ統合

    オンプレミスのソースとクラウドネイティブなデータストアを必要とするアプリケーション開発を簡素化します。

    ハイブリッド DevOps

    クラウド上の開発用サンドボックスで開発を加速し、本番環境はオンプレミスで運用します。

    ハイブリッドデータアプリケーション

    コスト、パフォーマンス、データの保存場所、各地域でのクラウドの可用性を考慮し、一度構築すればどこでも実行できます。

    データの量と種類の増加に伴い、ハイブリッドクラウドの導入が急速に拡大

    67%

    パブリッククラウド環境とプライベートクラウド環境で実行されているエンタープライズワークロードの割合


    出典: IDC 社、『Cloud Growth, Migration, and Repatriation Continue to Gain Momentum』(2020年3月) US46119020

    57%

    オンプレミスのリソースとパブリッククラウドの両方を統合して活用するハイブリッド IT 環境を導入している企業の割合

    出典: 451 Research 社 (S&P Global Market Intelligence 社の子会社)、『Cloud Price Index』(2021年1月)

    92%

    マルチクラウド戦略を採用している企業の割合 (ハイブリッドクラウド戦略を採用している企業は80%)


    出典: Flexera 社、『State of the Cloud Report』(2021年)

    CDP Hybrid Cloud のメリット

    Flow Management、Data Streaming、Data EngineeringData Warehouse、NoSQL Database、Streaming AnalyticsMachine Learning などのあらゆる分析を、AWS、Azure、Google Cloud などのパブリッククラウドやプライベートクラウド上で、形式を問わずあらゆるデータに対して実行できます。

    複数の分析用ワークロードを同時に処理する必要がある場合には、リソースを効率的に拡張できます。また、違約金を負うことなく大規模なデプロイメント環境を移行でき、コンピュートリソースを統合し、データのレプリケーションを最小限に抑えることで、運用のオーバーヘッド、リスク、インフラストラクチャーのコストを削減できます。

    ハイブリッド環境全体で仮想マシンベースの分析とコンテナ化された分析の両方を管理し、デプロイメントと保守のタスクを自動化することで、管理上の負荷を減らし、予測可能なパフォーマンスを提供します。

    プライベートクラウドとパブリッククラウド全体でクラスタベースとコンテナベースの分析に関するセキュリティとガバナンスを一元化し、ユーザーのアクティビティとアクセスの監査と監視を行うことで、非常に規制の厳しい業界のコンプライアンスニーズにも対応します。

    使い慣れたツールとプロセスを使用し、既存のスキルを活用してクラスタベースの分析サービスやコンテナベースの分析サービスを新たに展開することで、リファクタリングすることなく、既存のワークロードを迅速に移行、最新化、最適化できます。

    ユーザーがセルフサービス分析に求めるクラウドに依存しないユーザーエクスペリエンス、一貫性のある管理、継続的なアップデートにより、最新のクラスタベースの分析とクラウドネイティブなコンテナベースの分析をサポートします。

    “現時点で、Cloudera はハイブリッドマルチクラウドデータ分析における唯一のリーダーとは言わないまでも、リーダーとして台頭してきたと言えるでしょう。エッジ、オンプレミス、複数のパブリッククラウドのデータをエンドツーエンドで管理したいなら、すでに数千ペタバイトのデータを管理している Cloudera を選ぶことをおすすめします”


    Patrick Moorhead 氏、『Cloudera's Data Platform Private and Public Cloud both GA and it's time to migrate』(2021年5月3日、Forbes )

    Interview

    COVID-19による混乱を乗り越えようとする企業を支援する Cloudera 戦略の紹介

    News

    ハイブリッドクラウドに必要なデータライフサイクルアプローチ

    Whitepaper

    データとハイブリッドクラウドアーキテクチャーを連携させるための5つのステップ

    Whitepaper

    ハイブリッドクラウド環境におけるモダンデータアーキテクチャーのための12の要件

    世界最高クラスのトレーニング、サポート、サービス

    Your form submission has failed.

    This may have been caused by one of the following:

    • Your request timed out
    • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.