Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

  • Cloudera Cloudera
  • 概要
     

    NiFi フローのデプロイメントと監視に関する運用の課題に対処。

    Cloudera DataFlow for the Public Cloud は Cloudera Data Platform (CDP) における新たなエクスペリエンスとして、Apache NiFi フローのデプロイメント、拡張、インフラストラクチャーのサイジングに関する運用の課題に対処し、包括的な監視機能を提供します。

    DataFlow for the Public Cloud は次の課題に対処できます。

    • 同一クラスタ内の複数の NiFi フローでリソースを共有すると、全体のパフォーマンスに影響が出る

    • クラスタサイズを実際より少なく見積もると、インフラストラクチャーに関する予定外のコストが発生する可能性がある

    • インフラストラクチャーを必要に応じて拡張すると、運用担当者に多大な負担がかかる恐れがある

    • 現在のツールでは、複数のクラスタにまたがるデータフローメトリクスを単一ビューで監視することができない

    DataFlow for the Public Cloud でこれらの問題をどのように解決できるか確認する

     

     

    Cloudera DataFlow for the Public Cloud の図

    機能

    • NiFi 向けの構築済み ReadyFlow
    • 一元化されたダッシュボード
    • フローカタログ

    NiFi 向けの構築済み ReadyFlow


    NiFi の新規ユーザーやエキスパートユーザーのためにあらかじめ構築された共通の NiFi フローで生産性を向上。

    ReadyFlow は、NiFi の新規ユーザーが一般的なデータフローのユースケースを使い、Cloudera DataFlow で適切な実装を可能にするためのフロー定義です。ユーザーはフロー定義をダウンロードし、プロパティを素早く設定してカタログにインポートした後、パブリッククラウド環境にデプロイメントできます。

    ReadyFlow の活用例:

    • Kafka から Kafka に読込む

    • Kafka から読込んでデータをフィルタリング

    • Kafka から S3 バケットに読込む

    DataFlow ReadyFlow のスクリーンショット

    一元化されたダッシュボード


    複数のクラウドクラスタにまたがるすべての NiFi フローを単一のダッシュボードから監視。

    Cloudera DataFlow ユーザーインターフェース内のダッシュボードページは、各環境をまたいですべての NiFi フローのデプロイメントを監視する中央監視コンソールです。ユーザーは、フローメトリクスやインフラストラクチャーの使用状況を監視し、デプロイメントの状況をチェックして、期待通りのパフォーマンスを発揮しているかどうかを確認できます。ユーザーは、データの送受信状況を監視したり、定義した KPI に関するアラートを確認したりすることで、デプロイメントの状況の健全性を把握できます。

    DataFlow の監視のスクリーンショット

    フローカタログ


    すべてのフロー定義の保存、管理、デプロイメントを一元的に実行。

    Cloudera DataFlow ユーザーインターフェースのもう1つの重要なページであるカタログでは、フロー定義を保存できます。ユーザーは、インポートからバージョニング、削除に至る CDF フロー定義のライフサイクルを管理できます。フローをカタログにインポートすることで、従来の NiFi フロー定義を設定し、パブリッククラウドでの設定とデプロイメントを行えるようになります。また、カタログのバージョニング機能を使用すれば、フローの特定のバージョンのデプロイメントもできます。

    カタログのスクリーンショット

    主な特長

    デプロイメントウィザードで指定した境界内の CPU 使用率に基づいて、CDP が管理する Kubernetes クラスタ上のフローデプロイメント環境をスケールアップおよびスケールダウンできます。

    開発者は、ReadyFlow と呼ばれる事前に定義されたデータフローを使うことで、一般的なデータフローのユースケースを実装できます。あらかじめ構築されたフローを最小限の設定で素早くデプロイメントできるため、開発者の生産性が向上します。

    カタログでは、フロー定義を保存します。インポートからバージョニング、削除に至る CDF フロー定義のライフサイクルを管理できます。また、カタログから新しいフローのデプロイメントを開始します。

    シンプルな段階を追ったプロセスにより、カタログ内のフロー定義からフローデプロイメント環境を構築し、データを処理します。パラメータの設定や自動拡張用のガードレールの作成、フローデプロイメント用の KPI 定義の設定などを行えます。

    複数のクラスタにまたがるさまざまなフローデプロイメント環境を、一元的かつリアルタイムに監視できます。ダッシュボードに表示されるデプロイメント環境の詳細で、あらかじめ定義された KPI、システムメトリクス、およびシステムイベントとアラートを確認できます。

    パブリッククラウド環境で Kubernetes をサポートすることで、個々のフローデプロイメント環境の分離が可能になり、リソースを競合させることなく各クラスタを拡張できます。これは、トラブルシューティングや障害の切り分けにも役立ちます。

    ご興味をお持ちであれば、詳しい内容をぜひご覧ください


    DataFlow for the Public Cloud を体験

    始める

    製品ドキュメント

    Cloudera DataFlow for the Public Cloud の技術仕様、アーキテクチャー、チュートリアル、ハウツー記事をご覧ください。

    さらに詳しく

    Cloudera DataFlow for the Public Cloud の価格


    各種クラウドインスタンスでの Cloudera DataFlow for the Public Cloud の価格をご覧ください。

    詳細

    DataFlow の概要ツアー

    Cloudera DataFlow for the Public Cloud を実践的にご紹介します。

    今すぐ見る

    Cloudera コミュニティの NiFi トピック

    Apache NiFi について同業者たちと交流し、質問やトラブルシューティングを行い、知識を得ることができます。

    今すぐ調べる

    NiFi トレーニング

    Apache NiFi 基礎ハンズオントレーニングの3日間コースなど、さまざまなコースを予約できます。

    トレーニングに進む

    製品ウェビナー

    Cloudera DataFlow for the Public Cloud の紹介とデモをご覧ください。

    今すぐ見る

    Datasheet

    Cloudera DataFlow for the Public Cloud

    Ebook

    Apache NiFi 入門

    Solution Brief

    「データ・イン・モーション (移動中のデータ)」の哲学: エンタープライズ側のストリーミングデータアーキテクチャーの指針

    世界最高クラスのトレーニング、サポート、サービス

    Your form submission has failed.

    This may have been caused by one of the following:

    • Your request timed out
    • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.