Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

お客様の環境に合わせた最適化

Amazon S3 や Azure Data Lake に保存されているデータに、直ちにセルフサービスでアクセスが可能です。データのコピーや抽出、プロプラエタリなデータフォーマットは必要ありません。いつでも高速かつ予測通りのパフォーマンスで、レポートやクエリを実行することが可能です。

拡張性と共有機能

ビルトインされたコスト最適化機能によって、業務要件に合わせてワークロードの拡大や縮小が可能です。データサイエンスや機械学習、リアルタイムアナリティクスなど、単なる SQL を遙かに超える機能を提供します。また、そこで得られた結果やデータ、インサイトを共有できます。

セキュリティとガバナンス

セキュリティポリシーをデータウェアハウスに適用し、クラスタを削除した後でも、データの来歴やワークロードの履歴を保存しておくことができます。また、Cloudera SDX によって数に制約のないテナント管理と、一貫性のあるセキュリティとガバナンスを維持することができます。

クラウドで最先端のデータウェアハウスを経験

Cloudera Altus Data Warehouse は、パブリッククラウドのインフラストラクチャが持つ、セルフサービスやオンデマンドといった特性と、強力で優れた拡張性やコスト効果を合わせ持つ、探求や実験、分析のためのプラットフォームです。Altus Data Warehouse は、AWS と Microsoft Azure で稼働します。

SDX による違い

Cloudera Altus の共有データエクスペリエンス (SDX: Shared Data Experience) 機能は、データとデータコンテキストを格納するひとつの共有リポジトリ上で、数百人の BI ユーザやデータエンジニア、データサイエンティストのワークロードを、独立して処理することができます。このコンテキストは一時的な環境であっても存続するので、クラスタが削除された場合でも、業務の定義やセキュリティポリシー、データリネージが消えることはありません。これによって、より高度なデータ駆動型のアプリケーションをより簡単に、より早く、より安全に、クラウド環境横断的に構築することが可能になります。

さらに詳しく

クラウドでの ETL 処理やデータ処理に関心をお持ちですか?

 Altus Data Engineering で、AWS と Microsoft Azure のクラウド環境で、データパイプラインを迅速かつ容易に動かしてみましょう。

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extention blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.