Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

DX を成功に導くデータ活用とは?

Cloudera Now Japan
オンプレミス・マルチクラウド環境に分散するデータをセキュアに活用

「DX 推進が課題になっているが、データ活用がうまくいっていない」、「オンプレミス、データセンター、マルチクラウド環境にデータが散在していて包括的なデータ活用が難しい」、「情報システム部門だけでなく事業部門でのデータ活用を促進したいが、セキュリティ・ガバナンスの確保が心配」、「全社的なデータ基盤を導入するのはハードルが高いので、部門ごとに始めたい」

あらゆるものからデータを取得できるようになり、売上・利益向上、顧客満足度向上、生産効率向上、機器の予知保全等にデータを活用することが可能になりました。しかし、クラウド移行や部門ごとのデータ管理によってデータが一元化されていない、セキュリティ・ガバナンスの確保できていないなどの課題で、企業が持つデータの価値を十分に活かせていないケースも多く見受けられます。

かつてないスピードでデジタル化が進んでいる今、膨大で多種多様のデータからすばやく価値を引き出し、セキュアに運用していくことが重要です。Edge to AI をコンセプトに、デバイスや設備のIoTセンサー等からのデータの収集・解析や機械学習による最適化、マーケティングへのデータ活用、需要予測、不正検知にお役立てできる、あらゆる環境のデータを企業のチカラに変える方法についてご紹介します。

企業のデータをハイブリッド・マルチクラウド環境を含めて包括的に、迅速にセキュアに活用する方法を事例を交えながらご説明します。

プログラム

10分

開会のご挨拶

Cloudera 株式会社 社長執行役員 大澤 毅

33分

Cloudera Data Platform (CDP)​​​- エッジから AI までのデータパイプライン全体をセキュアに

Cloudera 株式会社 シニアソリューションズエンジニア 吉田 栄信

業界初のエンタープライズデータクラウド Cloudera Data Platform (CDP) は、オンプレミス、データセンター、マルチクラウドなどあらゆる環境にあるデータパイプライン全体をセキュリティとガバナンスを確保しながら分析・活用することができます。本セッションでは、CDP の最新機能や既存環境からのマイグレーションのステップを含めてご説明します。

43分

データパイプライン全体で収集、管理、分析、活用 - CDP 活用事例のご紹介

Cloudera 株式会社 SE マネージャー 曾臻 (ゼン ゼング)

データ活用するため、まずは様々なデータソース、様々なプロトコルからデータを収集し、それキュレートする必要があります。キュレートしたデータは、SQLクエリだけではなく、機械学習で活用することもできます。CDP には、データライフサイクル全般に渡って安全に収集、分析、可視化をする機能が備わっています。本セッションはデータライフサイクルを全般を通して CDP の活用事例をデモを交えてご紹介します。

4分

閉会のご挨拶

Cloudera 株式会社 社長執行役員 大澤 毅

講演者

大澤 毅 Cloudera 株式会社 社長執行役員
曾臻(ゼン ゼング) Cloudera 株式会社 SE マネージャー
吉田 栄信 Cloudera 株式会社 シニアソリューションズエンジニア

今すぐ見る

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.