Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

  • Cloudera Cloudera
  • Zurich Insurance logo
    数100TBのデータに関する処理時間を50%短縮

    Key highlights

    • Processing hundreds of TBs of data, accelerated speed by 50%
    • Reduced response time by 70%
    • Single customer view
    • Risk mitigation and compliance with GDPR

    世界最大級の保険会社であるチューリッヒ・インシュアランス・グループは、140年以上にわたって保険商品の開発と提供を行ってきました。スイスのチューリッヒに本社を構える同社は、一般に「チューリッヒ」として知られ、世界170ヶ国以上でおよそ 5万5,000 名の社員がお客様のニーズに対応しています。

    課題

    Zurich Insuranceが抱える最大の課題は、非常に多様性に富み複雑なデータレイク内に存在する、IoT センダーデータと JSON ファイルから、いかに価値を引き出すかという件でした。これによってリスク評価の精度を向上し、お客様固有のニーズに応じてパーソナライズしたサービスを作成することが可能となります。

    ソリューション

    HDPは、Zurich Insuranceに対して、外部および内部のデータを保存しキュレーションすることが可能な1つの柔軟で安全な場所を提供しています。この柔軟性によって、同社は運用や分析など、様々なユースケースに対応可能な複数のワークロードを稼動させることができます。Zurich Insuranceはまた、Cloudbreakを使用して、Microsoft Azure の IaaS (Infrastructure-as-a-Service) によるクラウド上で新しいビッグデータ環境を構築しました。

    成果

    この分析ソリューションは、以前のわずか50%の時間で数100TBのデータを処理しています。また、GDPRやGermany Data Protection Act (ドイツデータ保護法) など、様々な国の法的要件にも対応しています。さらにCloudbreakは、データの処理速度を加速するだけでなく、新しいビジネス要件への対応時間も70% 短縮しています。

    「サービスや商品の革新を進めるだけでなく、業務における不完全なリスク評価が与える影響を軽減できる、ビッグデータテクノロジープラットフォームの導入が必要でした。データに基づくインサイトによって、社内全体に対してより高い精度を提供し、最終的により緻密な保険契約を進めることで、企業が負うべき責任を軽減することができます」

    -Zurich Insurance、ビッグデータ運用責任者 José Luis Sánchez 氏