Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

  • Cloudera Cloudera
  • Credit Suisse logo
    総所有コストを38%削減

    Key highlights

    Category

    金融サービス

    Location

    本社:スイス・チューリッヒ

    Solution highlights

    • 最新のデータプラットフォーム: Cloudera Enterprise

    Applications supported

    • 予測分析

    Data sources

    • Credit Suisseのデータベース
    • 外部からのデータフィード
    • 公開データセット

    Impact

    • アナリスト1名あたり1ヶ月約10時間の節約
    • クライアントの投資戦略に関する新たなインサイトを提供
    • 総所有コスト(TCO)を 38% 削減

     

    Big data scale

    • 54 TB of data with 2 TB added daily

    Credit Suisseは、Cloudera Enterprise を使った全社向けのビッグデータプラットフォームを開発したことによって、幅広いデータに対する高度で拡張性に優れた分析機能を、より迅速かつコスト効果よく活用できるようになりました。

    Credit Suisse Group AG は、独自の投資銀行機能を持つ世界有数のプライベートバンクです。

    課題  

    Credit Suisse Groupは、全社向けのビッグデータおよび分析プラットフォームの標準化に着手しました。

    ソリューション

    Credit Suisseは、Cognizantおよび Cloudera と協業し、トレーディングのアイデアや調査資料、投資戦略など、ターゲットを絞り込んだ推奨事項を提供するための、予測的分析プラットフォームを構築しました。現在、同プラットフォームでは、Credit Suisseのデータベースや外部のデータフィード、公開データセットなどから得られた54 テラバイト (TB) 以上のデータを分析していますが、その規模は、日々 2TB増加し続けています。

    実装

    Credit Suisseは、わずか1年以内で、セキュリティや認証、さらにプッシュボタンを使った迅速な導入など、多くの機能強化を図ったClouderaベースのプラットフォームを製品化しました。これによって一定の前提条件を満たしたユーザーは、数週間ではなく数時間のうちにプラットフォームを立ち上げ稼動させることが可能となったため、銀行内の多くの組織が新しいプラットフォームを採用するようになりました。

    成果

    Credit Suisseの予測的分析プラットフォームは、アナリスト1名あたり、1ヶ月約10時間の節約を実現するなど、生産性の大幅な向上に貢献しているだけでなく、クライアントの投資戦略に新たなインサイトを提供しています。さらに、同プラットフォームは、コモディティー(市販の)ハードウェア上で稼動させるが可能であるため、クレディ・スイスは、総所有コストを 38% 削減することができました。