Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

高い柔軟性を持って探索と分析を

Clouderaのアナリティックデータベースは、クラウドが持つ柔軟性とコスト効率に優れた融通性を最大限に活かし、最速でインサイトを引き出すことのできる唯一の近代的なアナリティックデータベースです。Amazon S3などのクラウドネイティブなストレージに保存されたデータに対して直接クエリを発行できるため、融通のきかないデータモデリングや、時間を要するデータローディング作業を排除することができます。お客様のニーズに合わせて、ダイナミックに展開し、自在に拡張および縮小を行うことができます。他のクラウドベースのアナリティックデータベースに比べ、コストパフォーマンスにも優れています。

ブログを読む

Cloudera Enterpriseはビッグデータアナリティクスのクラウド移行を加速させます

クラウドネイティブストレージへのダイレクトなクエリを実現

Amazon S3に保存されたデータを個別のストレージに移行したり、専用フォーマットに変換したりする必要なく、直接ハイパフォーマンスなSQLアナリティクスを実施できます。

ニーズの変化に合わせた自在な拡張および縮小

近代的な分離アーキテクチャーによってピーク時とオフピーク時の利用をサポートできるため、必要に応じた形で処理能力とストレージ能力をそれぞれ自在に拡張および縮小できます。

従量課金制の一時クラスタ利用

定期的なバッチジョブに対しては、ニーズの変化に合わせてクラスタをスピンアップ、スピンダウンしてホスティングコストの削減を図ることができ、時間を要するデータローディングを行う必要もありません。

データのポータビリティと柔軟性

共有オブジェクトストアでは、データが単独のアプリケーションに結び付けられることはありません。該当データは、個別のクラスタに移行されることなく、ETLやデータサイエンスなどの複数のアプリケーションで使用することができます。

テクノロジー上のメリット

Cloudera Enterpriseは、Apache Impala(incubating)を基盤とし、クラウド環境でハイパフォーマンスなSQLアナリティクスを実行することができる近代的なアナリティックデータベースを提供します。Impalaは、ハイブリッドポータビリティを備えた唯一のMPP SQLエンジンとして、オープンな共有データプラットフォームに保存されたデータを運用できるよう設計されています。例えば、Apache HadoopのHDFSファイルシステム(Amazon EBSローカルストレージ利用)、Apache Kuduのカラムナストレージ、さらにAmazon S3のようなオブジェクトストアなどのプラットフォームに対応します。Impalaは、オープンフォーマットで複数のソースのデータにアクセスできるため、より迅速かつ柔軟にデータに対してクエリを発行できます。モノリシックな分析データベースアーキテクチャーでは当たり前な、融通のきかないデータモデリングやデータローディングも必要ありません。この機能は、特にクラウド環境において有効となり、一時クラスタの利用やオンデマンドの融通性を活かすことで、クラスタのホスティングコストを削減することが可能です。

 

強力なバッチ処理ツールであるHive-on-Spark(クラウドネイティブなデータアクセスにも対応)と連携することで、共有データレイヤをフルに活用し、クラウド環境でのETLおよびBIアナリティクスをサポートすることができます。 Cloudera Directorを使用することで、一時クラスタを定期バッチやデータ準備ジョブ用にスピンアップし、完了後にはそのクラスタを終了。該当データはすぐにBI分析や探索的分析に使用することができます。さらにCloudera Directorでは、ピーク利用時に合わせてクラスタを自在に拡張および縮小することもできます。

Clouderaのプラットフォームなら、共有データをアーキテクチャーの中心に置き、複数のアプリケーションとフレームワークを統合してデータの価値を高め、リアルタイムアプリケーションの一環としてアナリティクスを実行することができます。またオブジェクトストアを利用することで、マルチテナント分離を行い、データのリソーシングの最適化を図ることができます。