Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

概要

Cloudera Universityの1日間のPythonトレーニングコースでは、Clouderaの開発者コースの科目に集中するために必要な、主要言語の概念とプログラミング手法について学習します。これにより、参加者は複雑なプログラミング言語や新しいプログラミングのパラダイムを同時並行で学習する必要はなくなります。

Hadoopのハンズオン

参加者は、インストラクタの指導の下で行われるディスカッションやハンズオン演習を通じて、以下のようなトピックについて学習します。

  • 変数を定義し、割り当て、これにアクセスする方法

  • 一般的に使用されるコレクション型、これらの違い、および使用方法

  • 条件文、ループ、反復、および例外処理を使用してプログラムフローをコントロールする方法

  • 名前付き関数と匿名(Lambda)関数を定義および使用する方法

  • コードを別々のモジュールに整理する方法

  • 数式や正規表現のサポートを含め標準的なPythonライブラリの重要機能を使用する方法

コースの前提条件

Hadoopに関する予備知識は必須ではありません。このコースは、Scalaでコードを記述するスキルを習得したい開発者を対象としています。一般的に使用されている1つ以上のプログラミング言語(Javaが理想ですが、Ruby、Perl、Scala、C、C++、PHP、またはJavascriptも可)で基本的なプログラミングを行ったことがある経験が前提条件となります。

なお、このコースではビッグデータの概念やClouderaソフトウェアの使用方法に関する説明は行われません。これらのスキルを育成する開発者向けトレーニングのいずれかを受講する前に受講するコースとして設けられています。

SparkおよびHadoop開発者向けトレーニング

Hadoopを使用したことがないScalaおよびPython開発者を対象にしたこのトレーニングでは、Apache Spark、Impala、Hive、Flume、Sqoopなどの最新ツールや手法を使用して、Hadoopクラスタでデータを取得および処理するために必要な概念と専門知識について学習します。

さらに詳しく

Clouderaの開発者向けトレーニングは最高でした。Clouderaはビッグデータに関する最新のトレンドを啓蒙し、業界におけるHadoopの普及に大きな貢献を果たしている最高のベンダーだと思います。この旅立ちに力を貸してくれた皆さんに感謝します。

Cisco Systems

さらに詳しく

データエンジニア認定

このコースは、CCP:データエンジニア認定の準備としてお勧めです。資格試験へのチャレンジにおいては、事前にできるだけ多くのトレーニングと経験を積むことをお勧めしていますが、このコースではCCP:データエンジニア試験で出題されるテーマを多数取り上げます。CCP:データエンジニア認定の取得によって、厳格なハンズオン試験で証明されたスキルを、現在の実務あるいは将来のキャリアにおいて強くアピールすることができます。

キャリアアップ

Hadoop開発者は、全世界で需要が高く、高額な報酬が約束されている技術職です。こうした経歴を要件とする求人情報をチェックしてみてください。その多くで、CCPの資格が求められています。

Private Training

トレーニングの参加者が希望する場所で、それぞれのペースとニーズに合わせて受講が可能なプライベートトレーニングも提供しています。

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.