Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

CCA SparkおよびHadoop開発者試験(CCA175)

  • 設問数: Cloudera Enterpriseクラスタで実行する8–12件のパフォーマンスベースの(ハンズオン)タスク。クラスタ設定全体については、以下を参照してください。
  • 制限時間: 120分
  • 合格スコア: 70%
  • 言語: 英語、日本語(予定)
  • 受験料: 295米ドル

試験の設問形式

CCAの各設問では、特定のシナリオを解決する必要があります。ImpalaやHiveなどのツールを使用する場合や、コード作成が必要な場合があります。Sparkの設問の開発時間を短縮するために、関数コードで空白行を埋める必要があるソリューションの骨組みを含むテンプレートがしばしば提供されます。このテンプレートは、ScalaまたはPythonで書かれています。

テンプレートを使用する必要はなく、好みの言語でシナリオを解決しても構いません。ただし、全ての問題のコードを最初から作成すると、試験の終了に間に合わない可能性がありますのでご注意ください。

評価、スコアレポート、証明書

採点は提出後すぐに行われ、スコアレポートは試験当日にEメールで届きます。スコアレポートには、挑戦した各問題の問題番号とその問題の成績が記載されます。不正解の場合は、クリアできなかった基準が記載されます(「レコードのデータが間違っている」「ファイル形式が間違っている」など)。試験内容のセキュリティを担保するため、詳細情報は提供されません。FAQの試験内容の見直しをご一読ください。

試験に合格すると、試験の数日後、PDF形式のデジタル証書、ライセンス番号、Linkedinプロファイルの更新情報、個人事業用の販促物やソーシャルメディアのプロファイルで使用できるCCAロゴのダウンロードリンクを含む2通目のEメールが届きます。

対象者と受験条件

Cloudera認定試験の受験条件はありません。CCA SparkおよびHadoop開発者試験(CCA175)は、Cloudera SparkおよびHadoop開発者トレーニングと同じ方針に従っており、このトレーニングコースは試験準備にお勧めです。 

 

CCA175に申し込む

他に質問がある場合は、認定FAQをご確認ください。

必要なスキル

データ取得

外部システムとクラスタ間でデータを転送するスキル。以下のような操作を実行するスキルが含まれます。

  • Sqoopを使用したMySQLデータベースからHDFSへのデータのインポート

  • Sqoopを使用したHDFSからMySQLデータベースへのデータのエクスポート

  • Sqoopを使用したインポート時のデータの区切り文字およびファイル形式の変更

  • リアルタイムおよびニアリアルタイムストリーミングデータのHDFSへの取込み

  • クラスタへの読込み時のストリーミングデータの処理

  • Hadoop File Systemコマンドを使用したHDFSへのデータ読込みとHDFSからのデータ読出し。

変換、ステージング、格納

HDFSに格納されている所定の形式のデータ値のセットを新しいデータ値や新しいデータ形式に変換し、HDFSに書き込みます。

  • Sparkアプリケーションで使用するためのHDFSからのRDDデータの読込み

  • Sparkを使用したRDDからHDFSへの結果の書き戻し

  • 各種ファイル形式のファイルの読み書き

  • データの標準的な抽出、変換、読込み(ETL)処理の実行

データ解析

Spark SQLを使用して、アプリケーション内でプログラムによりメタストアと対話します。読込んだデータに対するクエリを使用してレポートを生成します。

  • Sparkアプリケーションのための入力ソースまたは出力シンクとしてのメタストアテーブルの使用

  • Sparkでのデータセットに対するクエリ実行の基本の理解

  • Sparkを使用したデータのフィルタリング

  • 総統計を計算するクエリの作成

  • Sparkを使用した異種のデータセットの結合

  • ランクを付けたデータやソートしたデータの生成

設定

これは実技試験であり、受験者はコード作成だけではなく結果生成の全ての側面に精通しておく必要があります。

  • 使用可能なメモリの増加など、アプリケーション設定を変更するためのコマンドラインオプションの提供

受験方法とクラスタの情報

CCA175は、いつでもどこでも受験できるリモート形式の試験です。詳細とシステム要件については、 FAQ をご覧ください。

CCA175は、Clouderaテクノロジーを使用するハンズオン実技試験です。各受験者にはそれぞれCDH5(現在5.10.0)が提供されます。クラスタには、Spark 1.6、Impala、Crunch、Hive、Pig、Sqoop、Kafka、Flume、Kite、Hue、Oozie、DataFuなどが事前にロードされています(完全なリストを見る)。さらに、Python(2.6、2.7、および3.4)、Perl 5.10、Elephant Bird、Cascading 2.6、Brickhouse、Hive Swarm、Scala 2.11、Scalding、IDEA、Sublime、Eclipse、およびNetBeansも入っています。

試験中にオンラインで提供される資料

Cloudera 製品ドキュメント
Apache Hadoop
Apache Hive
Apache Impala (Incubating)
Apache Sqoop
Spark
Apache Crunch
Apache Pig
Kite SDK
Apache Avro
Apache Parquet
Cloudera HUE
Apache Oozie
Apache Flume
DataFu
JDK 7 API Docs
Python 2.7 ドキュメント
Python 3.4 ドキュメント
Scala ドキュメント

試験中利用できるのは、上記の資料、リンク、およびリソースだけです。Google/検索機能を含むその他の全てのウェブサイトは、無効化されています。メモなどの試験の補助教材も使用できません。

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extention blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.