2016年12月13日

Cloudera Enterpriseによってデジタルイノベーションを加速する情報駆動型の金融サービス企業


STRATA+HADOOP WORLD SINGAPORE - 2016年12月6日発 - 世界の金融サービス業界は、モバイルからのアクセスに代表される利用者に優しい新たなデジタルサービスによるビジネスの拡大と共に、リスクを最小限に抑え、コンプライアンス対応を継続するという必要性に迫られています。最新のオープソーステクノロジーをベースに、世界最高速で最も使い易く、セキュアなデータ管理とデータ分析機能を提供するClouderaは、本日、エンタープライズデータハブの基盤としてCloudera Enterpriseを採用し、デジタルイノベーションを推進する金融サービス企業が拡大していることを発表しました。Clouderaのビッグデータソフトウェアソリューションは、情報駆動型の金融サービス会社において、収益向上だけでなく、新規顧客の取り込みや既存顧客の維持にも貢献しています。Clouderaのソリューションによって各金融機関は、不正行為を確実に検知し、政府が求める規制にも的確に対応できるようになります。

Clouderaの金融サービス担当であり、ビッグデータエバンジェリストとして業界をリードするSteve Totmanは、次のように述べています。「金融サービス企業は、そのデジタルイノベーションの実現にあたって、カスタマージャーニー(顧客の行動)、フラグメンテーション、セキュリティ、プライバシー、データ品質など、数多くの解決すべき課題を抱えています。さらに、多様なチャネルを通じたより多くのサービス提供を期待する新しい世代の顧客も引き付けなければなりません。Clouderaのエンタープライズデータハブについては、このような複雑な業務課題を解決し、迅速で正確な分析を可能としながら、規制やセキュリティ、ガバナンス対応も行う必要がある金融機関の間で大きな需要があります」

ビジネス価値の拡大

Clouderaは、Allstate、 Bank Mandiri、Credit Suisse、DBS Bank、Markerstudy、Nordea、Northern Trust、Royal Bank of Scotlandなど、180以上の先端のグローバル金融機関と共にビジネスを推進しています。ここで実現されるビジネス価値は、主として次の3つの領域で発揮されます:

  • カスタマーインサイト: 金融サービス会社は、顧客の行動をより包括的に把握し、その情報を活用して顧客満足度を向上させ、顧客の再訪に役立つように数百ものシステムやプラットフォーム上にサイロ化され分断された顧客データを一箇所に集める必要があります。Clouderaのエンタープライズデータハブを活用すれば、セキュアで一箇所に集められたアクティブリポジトリの作成が可能となり、カスタマージャーニーを360度の視野で捉えられるようになります。
  • 不正検知とサイバーセキュリティ: 従来のテクノロジーでは、ターゲット型攻撃の規模や精巧さに追いつくことはできません。Clouderaの場合には、データセット全体、つまり過去のデータとリアルタイムストリーミングデータの両方について強化および分析を行い、不正を検知して防御することができます。金融サービス企業は、Clouderaプラットフォームの機械学習モデルを活用することで、サイバー犯罪やマネーロンダリング、インサイダーの脅威などをより迅速かつ正確に予測することが可能となります。
  • リスクとコンプライアンス: 多様化するリスクやコーポレートガバナンス、透明性、技術標準などに対するコンプライアンス要件が爆発的に増加するに従い、金融サービス企業や規制当局は、Clouderaプラットフォームをインフラストラクチャーの中核に据えるようになってきています。エンタープライズデータハブを導入することで、コンプライアンス対応に必要なコストを削減し、Dodd-Frank、CCAR、BCBS239、FRTB、Basel III、Solvency II、MiFID II、IFRS-9、PCI DSSといった規制に準拠したコンプライアンスレポートをより迅速に作成できるようになります。

いずれのユースケースについても、お客様は、専門技術を提供するClouderaのプラットフォームをシステム基盤として選択し、機械学習/AIや予測モデルを活用して既存プロセスの変革を行っています。金融サービス業界は、大規模データを使用してシステムを学習させ予測モデルによるスコアリングを行うことで、リスクを排斥し、迅速かつより高性能な不正行為の検知を可能にしています。

勢いを増す顧客企業

金融サービス企業は、最新のデータ管理と分析プラットフォームを導入し、データをセキュアに維持し容易なアクセスを可能にすると共に、最新の業界規制に対応しようとしています。「グローバルシステムで重要となる銀行 (G-SIBs)」の上位30行のうち19行までが、データからインサイトを獲得するためにClouderaを使用しています。

Bank Mandiriのエンタープライズデータ管理担当SVPであるMuhamad Guntur氏は、次のように述べています。「当行では、様々なタッチポイントでのユーザーエクスペリエンスを向上することにコミットしてきましたが、ビッグデータの活用はその大きな要因の一つとなっています。銀行内のデータが増えるに従い、収集したデータの真の意味やビジネス価値を引き出すための支援ができるテクノロジーパートナーが必要となって来ています。Clouderaのビッグデータソリューションは、このような取り組みの一貫として、当行のお客様に対してよりシームレスなバンキングエクスペリエンスを提供するためのものであり、Clouderaとの協力によってそれが実現できるものと期待しています」

「当行は、一切管理されていなかった過去の垂直連携型のデータマートを廃止し、データの重複を排除することで、銀行全体で統一されたデータの見方ができるようなエンタープライズデータハブを求めていました。そして最終的には、新しいサービスと業務機能によって、自行の業務とクライアントに対して経済的な付加価値を与え、ビッグデータの概念を収益化しようと試みています」-Credit Suisseのデータアーキテクチャおよびセマンティックテクノロジーの部門長は、このように述べています。

DBS Bankの最高情報責任者であるDavid Gledhill氏は、「過去数年間、当行はデジタルイノベーションにどっぷりつかってきました。行員の行動様式や考え方を変えることから、銀行のテクノロジーインフラストラクチャーのアーキテクチャーの刷新、人口知能や生体認証、データ分析の活用に至るまで、全てはお客様に対していっそう直観的でシームレスなバンキングエクスペリエンスを提供するための対応です。World’s Best Digital Bankを受賞した当行にとっては、適切なパートナーと協業できることが重要となります。Clouderaのデータソリューションには大いに期待しており、顧客価値を向上できるよう、Clouderaと緊密に協業できることを楽しみにしています」と述べています。

英国の先端の保険会社で、2016年、ガートナーの「Innovative Digital Product in EMEA」および「EMEA Financial Service Digital Champions」を同時に受賞しているMarkerstudyのグループIT担当ディレクターであるDan Fiehn氏は、次のように述べています。「当社のイノベーションは、Cloudera Enterpriseによって実現されました。たとえば、ビデオテレマティクスを使って車両をトラッキングして運転パターンを予測し、被保険者に事故発生の可能性を警告します。また、Apache Hadoopによるビッグデータ分析プラットフォームによって、被保険者のインサイトを獲得して安全性を向上したり、リスクや保険契約内容の正確性を向上したり、さらに虚偽申告の低減を図ることもできます」

NordeaのエグゼクティブVPであるAlasdair Anderson氏は、次のように述べています。「Nordeaでは、Clouderaのプラットフォームでデータの処理、管理、保存、リニアージを行うことで、ITのランドスケープを最新のものに変えることができました。これによりパフォーマンスを向上し、IT投資の経済効果を高め、データの品質も高めることができました。結果的にNordeaは、リスクを低減し規制遵守を満たしながら、より優れたカスタマーエクスペリエンスを提供できるようになりました」

パートナーエコシステムの拡大

金融サービス市場に最も効果的でリアルタイムデータ分析ソリューションを提供するため、Clouderaでは、CSCやSASといった企業とパートナーシップを組み、規制などに対応した環境を提供することで、時間やコストの削減が図れるようにしています。

「Clouderaは、当社のPCI/HIPAA対応ソリューションにとって非常に重要なものでした。Cloudera NavigatorやApache Sentry、セキュリティ機能など、比類ないテクノロジー群は、監査ソリューションとって不可欠な存在でした」とCSCのビッグデータおよびオファリングプラクティスパートナーであるJim Coleman氏は述べています。

さらにSASのグローバル金融サービスマーケティングマネージャーであるDavid M. Wallace氏は、次のように述べています。「Clouderaとのパートナーシップによって、金融サービスのお客様が全てのデータを格納することができるエンタープライズデータハブをSASから提供することが可能になりました。これによって分析チーム間の協力関係が促進され、業務側の意思決定のサポートに必要となる信頼性の高い正確な情報をタイムリーに提供できるようになりました」

最先端のグローバル金融サービス企業がClouderaを選択する詳細な理由については、以下でご覧いただくことができます:http://www.cloudera.com/solutions/financial-services.html

Clouderaについて

Clouderaは、最新のオープンソーステクノロジーに立脚し、現代の顧客要件にマッチしたデータ管理と分析のためのプラットフォームを提供しています。世界有数の企業が、現在最も高速かつ取扱いが容易で、セキュアなデータプラットフォームであるCloudera Enterpriseを利用して、その困難なビジネスの課題の解決を図っています。Clouderaのお客様は、膨大な量のデータを効率的に取得、ストア、処理、分析できることで、迅速で柔軟な業務判断に必要な高度な分析や機械学習機能をこれまでには無い程の低コストで実現しています。Clouderaでは、お客様を確実に成功に導くことができるよう、総合的なサポートやトレーニング、プロフェッショナルサービスなどを提供しています。詳細については、以下をご覧ください。

・ウェブサイト : http://jp.cloudera.com
・Twitter : http://twitter.com/#!/clouderajp

Cloudera、Hueおよびその他の関連する商標は、Cloudera Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は一般に各社の商標です。

【報道関係者の方からのお問い合わせ先】
Cloudera株式会社
マーケティング&PR:風間
press-jp@cloudera.com