2016年12月19日

Cloudera Universityに次世代のデータプロフェッショナルのための新規コースと認定資格を追加

STRATA+HADOOP WORLD SINGAPORE - 2016年12月7日発 -。最新のオープンソーステクノロジーをベースに、世界最高速で最も使い易く、セキュアなデータ管理とデータ分析機能を提供するClouderaは、本日、データアナリスト、データベースアドミニストレータ、そして開発者向けのトレーニングコースおよび認定試験を刷新したことを発表しました。新たに拡張が図られたトレーニングは、Apache Impala (incubating)、Apache Spark、Apache Kudu、Apache Kafka、Apache Hiveなどであり、現在業界内で最も要望の高いソリューションとの間に存在するスキルギャップを直接補完できるようになっています。これらClouderaの強力なトレーニングカリキュラムによって、データプロフェッショナルは、実践的な状況に対応できる能力を身に着けることができます。

Diceによれば、現在最も求められているテクノロジースキルは、ビッグデータ、Spark、Hiveとなっています。これらのスキルについてはここ数年で向上が見られたものの、雇用側は依然として高いスキルを持った要員の発掘に苦労しています。Clouderaが後援しTaneja Groupが実施したビッグデータに関わる技術者と管理レベルのプロフェッショナル、約7,000名を対象とした調査でも同様の結果が得られています。調査結果によれば、回答者の約半数が、Sparkを導入する上でビッグデータに対するスキルギャップが大きな課題になっているとし、1/3がSparkの習得が難しいことが導入障壁になっていると回答しています。Clouderaはこのような懸念に対応するため、これまでに4万5,000名以上が受講し1万名以上が認定を受けたCloudera Universityによるハンズオントレーニングに加え、より基礎的なコースを提供します。

Clouderaの教育プログラム担当シニアディレクターであるMark Morrisseyは、次のように述べています。
「Cloudera Universityは、業界を問わず、データプロフェッショナルを育成するための価値あるリソースになっています。ここ数年来、トレーニングに対して先行投資してきた企業は、ビッグデータに対する取り組みから多くの成果を摘み取り、PoCの段階から早々に実業務環境への移行を果たしています。本業界では、今後もスキルアップが大きなハードルとなることに変わりはないでしょう。Clouderaでは、このような課題を克服できるよう、Hadoopエコシステムのための世界で最も総合的なトレーニングカリキュラムと認定制度を用意しています」

Cloudera Universityの新しいトレーニングと認定制度の内容は以下の通りです。以下のとおり、Sparkを中心に大幅にリニューアルを行っております。

最新Clouderaデータアナリスト向けトレーニング

・SQL開発者が、従来のデータ分析とビジネスインテリジェンスに関するスキルを活かしながら、HadoopやSparkでImpalaやHiveといった最新のオープンソースエンジンを使って、どのようにビッグデータに応用すればよいかを学習します
・新コースの内容には、Spark on HiveとImpalaのComplex Typesが含まれています
・既に受講可能です

新規Cloudera認定アソシエート (CCA) データアナリスト認定試験

・Impala、Hive、Pigを使用した既存データセットに対するクエリや情報の抽出方法など、SQLアナリストとしてのスキルを検定します
・受験予約可能です。最初の試験は1月1日から開始されます(当初は英語のみ)

最新Spark&Hadoop開発者向けトレーニング

・開発者が、Apache FlumeとApache Kafkaを用いてリレーショナルシステムからデータをインポートする方法、Sparkアプリケーションの作成と実行、Spark Streamingを使用した入力データのリアルタイム分析方法などを学習します
・様々なCDHプラットフォームコンポーネントの概要と、そのSparkやHadoopとの連携方法について学習します
・既に受講可能です

最新Cloudera認定アソシエート (CCA) Spark&Hadoop開発者認定試験

・受験者の標準開発ツール(通常Spark)を使用したデータ投入、新しい値への変換やフォーマット変換の能力を検定します
・2017年早々に開講予定です(当初は英語のみ)

最新Cloudera管理者向けトレーニング

・Cloudera Managerを使用してHadoopの運用とメンテナンスに必要な全てを総合的に学習します
・Cloudera Directorを使用したクラスタ管理の概念を学習します
・2017年早々に開講予定です

新規:Cloudera認定アソシエート (CCA) 管理者認定試験

・CDHのインストール、クラスタのメンテナンス、Cloudera Managerによる基本的なトラブルシューティング能力を検定します
・Cloudera Managerを使ってHadoopクラスタを管理するITプロフェッショナル向けの検定試験を含みます
・2017年早々に開講予定です(当初は英語のみ)

新規:Apache Kudu入門トレーニングコース

・Kuduの基礎、ユースケース、プラットフォームの特長、アーキテクチャの基本的な概念、Impalaを使ったKuduアプリケーションの開発等を学ぶ概要コースです
・2017年早々にClouderaのオンデマンドコースライブラリで開講予定です(英語のみ)

新規:機械学習入門トレーニングコース

・協調フィルタリング、クラスタリング、クラシフィケーション、アルゴリズムおよびデータボリュームなど、機械学習の概要を学びます
・Clouderaのオンデマンドコースライブラリで開講中(英語のみ)

日本の弊社トレーニングページのURLは以下の通りです:
http://www.cloudera.co.jp/university/schedule.html

日本の弊社トレーニングの問い合わせ先メールアドレスは以下の通りです:
training-jp@cloudera.com

新しいデジタル戦略を実行に移すために、高度なスキルを持った組織の構築を目指す雇用者側は、既に最新のテクノロジーに関する認定を受けた要員を希望するものです。Clouderaでは、ビッグデータやオープンソースによる改革を推進するための教育や認定制度によってこのような要求に応えます。創業当初よりClouderaは、テクノロジー業界の最大の要件であるプロフェッショナルのスキルセットの拡大に注力してきました。管理者、開発者、データアナリストにフォーカスし、現実のビッグデータ環境を反映したハンズオンや認定を追加することで、Clouderaでは、データからインサイトを獲得する能力を最大限に高めたいと希望する組織や個人を、今後も引き続きサポートしていきます。

Clouderaについて

Clouderaは、最新のオープンソーステクノロジーに立脚し、現代の顧客要件にマッチしたデータ管理と分析のためのプラットフォームを提供しています。世界有数の企業が、現在最も高速かつ取扱いが容易で、セキュアなデータプラットフォームであるCloudera Enterpriseを利用して、その困難なビジネスの課題の解決を図っています。Clouderaのお客様は、膨大な量のデータを効率的に取得、ストア、処理、分析できることで、迅速で柔軟な業務判断に必要な高度な分析や機械学習機能をこれまでには無い程の低コストで実現しています。Clouderaでは、お客様を確実に成功に導くことができるよう、総合的なサポートやトレーニング、プロフェッショナルサービスなどを提供しています。詳細については、以下をご覧ください。

・ウェブサイト : http://jp.cloudera.com
・Twitter : http://twitter.com/#!/clouderajp

Cloudera、Hueおよびその他の関連する商標は、Cloudera Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は一般に各社の商標です。

【報道関係者の方からのお問い合わせ先】
Cloudera株式会社
マーケティング&PR:風間
press-jp@cloudera.com