2018年の最高のデータウェアハウス・ソリューションの一つとして顧客から高い評価

クラウド環境に最適化された機械学習と分析向けの最先端プラットフォームを提供するCloudera, Inc. (本社:米国カリフォルニア州パロアルト市、CEO: Tom Reilly(トム・ライリー)/以下、Cloudera)は、実際の顧客からの評価を元に選出される2018年「Gartner Peer Insights Customers’ Choice」の分析向けデータ管理ソリューション部門で受賞したことを発表しました。このほか、Clouderaは「Big Data Excellence Awards」の「年間最優秀ビッグデータ技術プロバイダー」にも選出されました。

Clouderaのデータウェアハウスおよび分析担当ジェネラルマネージャーであるAnupam Singhは、次のように述べています。「データウェアハウス市場はこれまで、停滞状態が長期間続いており、企業が自社データから実用的な洞察を引き出すことの妨げとなっていました。当社のお客様が直面している前例のない大規模データは、従来型のウェアハウス・プラットフォームには適合しません。Clouderaのお客様は、当社のデータウェアハウスの大規模な拡張性のみならず、セルフサービス分析を反復して実行可能な柔軟性も活用することで、デジタルトランスフォーメーションのプロセスを加速することができるのです。」

「Gartner Peer Insights Customers' Choice」は、信頼性の高いエンドユーザーの専門家がベンダー各社を評価するもので、エンドユーザーのレビュー数と、ユーザーの総合評価の両方が考慮されます。ベンダーが評価の対象となるには、50件以上の公開レビューが寄せられ、12カ月の提出期間内に蓄積されたレビューの総合評価の平均点で、4.2星以上を獲得する必要があります。

「Gartner Peer Insights」でのClouderaのプラットフォームに対する顧客レビューは下記の通りです。

※「Big Data Excellence Awards」は、英国のオンラインサイト「Computing」主催の表彰制度であり、データ、分析、IoTの分野で偉業を達成した企業を評価するものです。

 

参考資料

 

ガートナーの免責条項

「Gartner Peer Insights Customers's Choice」の評価は、本書で説明された通り、各エンドユーザーの体験に基づく主観的な見解、「Gartner Peer Insights」で公開されたレビューの数、市場での特定ベンダーの総合評価によって決定するものであり、ガートナーまたはガートナーの関連会社の見解を表すものではありません。

 

Clouderaについて

Clouderaは、データの力によって、今日不可能なことを明日可能にできると考え、明確でかつ行動につながるインサイトを複雑なデータの中から得ようとする企業を支援し、クラウドに最適化された機械学習および高度な分析のための最先端のプラットフォームを提供します。Clouderaは最も困難なビジネス上の課題を解決する際のパートナーとして世界中の大企業から信頼を得ています。詳細については、http://jp.cloudera.comをご覧ください。

Clouderaに関する情報は、下記でご覧いただけます
・Clouderaウェブサイト:http://jp.cloudera.com
・日本公式ブログ:https://blog.cloudera.co.jp/
・Twitter: https://twitter.com/clouderajp
・Facebook:https://www.facebook.com/clouderaJP

 

# # #

※Cloudera、Hueおよびその他の関連する商標はCloudera Inc.の商標または登録商標です。その他の会社名および製品名は一般に各社の商標です。