Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

ドイツテレコム (Deutsche Telekom) では、Clouderaのデータプラットフォームによって、不正行為の検知、顧客管理、さらにネットワーク品質と運用効率の向上を実現しました。

欧州屈指のテレコムプロバイダーであるドイツテレコムは、世界1億5,000万以上のお客様にサービスを提供しています。

課題

ネットワーク上での不正行為は、ドイツテレコムをはじめ、テレコム業界における大きな課題となっています。収集して分析すべきネットワークデータは膨大な量に及び、ほぼリアルタイムで疑わしい行為に対応できなければ、悲惨な結果を生むことにもなりかねません。

「不正行為が見られない期間があるかと思えば、突然活動が活発化し、1日で数10万ユーロもの損害が発生する場合もあるのです」とドイツテレコムのアーキテクチャーおよびインテグレーション担当のシニアマネージャーであるOndrej Machacek氏は述べています。

一方でドイツテレコムは、ネットワークデータからCRMデータに至るあらゆるデータをエンタープライズ規模で視覚化することで顧客に関する理解を深め、サービス品質上の問題を早期に解決し、顧客満足度の向上を図ろうと考えていました。

ソリューション

「ビッグデータと分析機能を使用する主要な目的は2つあります。1つめは、社内やシステムの効率を上げ、コスト削減を図ることです。しかし最も重要なのは、業務担当者やお客様に新しい機能を提供することです。例えば、不正行為の検知といった機能を提供することが重要となるのです」

ドイツテレコムのリードアーキテクト、ビジネスインテリジェンス、請求および製品担当Heinz Sandermann氏

ドイツテレコムは、Clouderaのデータプラットフォームを使って、不正行為検知機能やCRM、さらにネットワーク品質や運用効率の向上を実現しました。機械学習と人工知能を適用することで、お客様が気付く前にネットワークの問題を検出したり、業務が影響を受ける前に不正行為のパターンを特定したり、さらにリアルタイムで脅威を検知できるようになりました。アナリストは、Apache Impalaを使って迅速にデータにアクセスできるため、インサイトに基づいた素早い対応を取ることができます。

導入

ドイツテレコムでは、大規模なストリーミングデータセットを扱えること、機械学習や高速な分析が可能なこと、さらにエンタープライズグレードの信頼性や共有データエクスペリエンス、安定性を提供できることを評価し、Clouderaで最先端のデータプラットフォームを構築することを決定しました。

導入効果

ドイツテレコムの最先端のデータプラットフォームは、業務全体で目に見える大きな成果をもたらしています:

  • 不正行為の抑制:ドイツテレコムは、Clouderaによって大規模かつ高速なデータ処理とインタラクティブなクエリを実行することで、ネットワークの品質を向上させ、不正行為をリアルタイムに検知しています。またこのような可視化によって、不正行為で被っていた収益損失を10~20%も低減させることに成功しました。
  • 顧客満足度の向上:顧客ニーズや要望についてより深く理解できるようになりました。顧客に関するエンタープライズ規模の統一的なビューの構築により、より優れたターゲットキャンペーンを実施し、1,000万ユーロもの収益を創出すると共に、顧客の解約を5~10%低減させることができました。
  • 運用効率の改善:導入した最先端のデータプラットフォームによって、業務が迅速に進行し、企業全体としての運用効率が50%改善されまました。

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extention blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.