Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

ヨーロッパ有数のインターネットプロパティ(自動車売買のオンラインプラットフォーム)運営会社であるオートスカウト24(AutoScout24)は、ヨーロッパ18ヶ国で月間1,000万人を超えるユーザーにサービスを提供しており、本国ドイツだけでも年間ユーザー数は、2,000万人に上ります。同サイトでは、一般消費者、カーディーラー、そして自動車業界における他の関連企業などに対してオンラインのマーケットプレースを提供しており、自動車情報の共有、ならびに自家用車、二輪車、商用車、トラック、交換部品、そして各種アクセサリーの販売を促進しています。

 

ケーススタディを読む

概要

ヨーロッパ有数のインターネットプロパティ(自動車売買のオンラインプラットフォーム)運営会社であるオートスカウト24(AutoScout24) は、ヨーロッパ18ヶ国で月間1,000万人を超えるユーザーにサービスを提供しており、本国ドイツだけでも年間ユーザー数は、2,000万人に上ります。同サイトでは、一般消費者、カーディーラー、そして自動車業界における他の関連企業などに対してオンラインのマーケットプレースを提供しており、自動車情報の共有、ならびに自家用車、二輪車、商用車、トラック、交換部品、そして各種アクセサリーの販売を促進しています。

現在は、4万社以上のカーディーラーがオートスカウト24のオンラインマーケットプレースを活用し、毎月50万台を超える車両を取引しています。 またオートスカウト24は、自動車メーカーやディーラー、商社への広告サービス販売も行っています。同社は ドイツテレコム(Deutsche Telekom AG)傘下のスカウト24グループ(Scout24 Group), の完全子会社 です.

オートスカウト24のチームは、CDHの豊富なナレッジ、深いインサイト、Clouderaのソリューションアーキテクトが提案するシステム改善のための様々なアイデアに感銘を受けました。

ユースケース

現Clouderaは、オートスカウト24にエンタープライズデータハブ(EDH)を提供し、同社Webサイトから顧客の行動データやWebログファイルを収集および保存し、CDH上で直接これらのログファイルの解析を行っています。このHadoop基盤の分析結果をRDBMSに取り込み、オートスカウト24サイトのバックエンドとしても活用しています。

オートスカウト24のClouderaプラットフォームは、2つの主要なユースケースをサポートしています。

  1. 消費者に対する理解を深める: オートスカウト24はWebサイト上の顧客行動データの収集や分析を行っています。この大規模な履歴Webログの分析によって得られたインサイト(知見)に基づき、消費者のニーズに合わせてWebサイトのコンテンツやナビゲーション、広告配信などを見直しながら、同時に広告主であるディーラーの業績も向上させています。
  2. 新製品の開発: オートスカウト24では、CDH基盤のWebログ解析を活用し、Weサイトでの顧客インタラクションへの理解を一層深めることにより、新製品の開発を推進しています。例えば、同社では、個々のサイト利用者の閲覧履歴に基づき、興味を引きそうな車種を薦めるレコメンデーションエンジンを開発しています。

現在オートスカウト24は、約40のシステムを開発中で、そのうち30のシステムは、コンピューティングオペレーションに特化したものとなっています。同社が1日に処理する未圧縮のログファイルは、400ギガバイト(GB)に上ります。

成果:処理速度が10倍向上

Clouderaによるアーキテクチャーの最適化が、オートスカウト24に2つの主要なメリットをもたらしました。

  • 1つのクエリによってユーザーが分析できるデータ量が、以前の数日分から、数ヶ月分に増大しました。
  • Hiveの処理速度が以前と比べ10倍加速化し、特殊なテーブルやフォーマットについては、さらにスピーディな処理が実現されました。

オートスカウト24のチームは、CDHの豊富なナレッジ、深いインサイト、Clouderaのソリューションアーキテクトが提案するシステム改善のための様々なアイデアに感銘を受けました。現在、オートスカウト24では、エンタープライズデータハブによって、より優れた、迅速で包括的なビジネスの可視化が可能となり、消費者が求める製品の開発を推し進めながら、彼らのエクスペリエンスとWebサイト上での広告の有効性を向上させています。