Your browser is out of date

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

BTは、より多くの顧客データを高速に処理することで、優れたブロードバンドサービスを提供し、IoT(モノのインターネット)分野における優位性を維持しています 。   

概要

2014年の売上げが180億ポンド(約300億ドル)に達するBTは、世界屈指のテレコムプロバイダーです。同社は、1,800万以上の個人顧客と約300万の企業顧客を抱えています。

競争の激しい現代にあって、BTが持続的で収益力のある成長を維持し続ける鍵は、顧客リレーションシップの拡大と追求にあると言えます。しかし、そのレガシーなシステム環境では、企業顧客のデータが複数のデータベースに分散していたため、Dun & Bradstreetのデータを使って毎日データの突合と更新を繰り返す必要がありました。約100万件のレコードを日々比較し突合するレガシーなETLプラットフォームは、従来型のリレーショナルデータベースを使って構築されており、これ以上の機能更新は不可能でした。このためいかなる場合でも、業務側は1日前のデータを使って仕事をする必要がありました。

ソリューション

BTはClouderaと協力し、直ぐに実環境に利用できるHadoopクラスタをインストールしてバッチETLアプリケーションをMapReduceに置き換えました。

” Clouderaと協働することで、PowerPointレベルの構想段階から実業務稼動までを9ヶ月で完了することができました。これは私達の標準的なスケジュール感から考えても優れた結果と言えます”
BT チーフデータアーキテクト Philip Radley氏

現在、このマルチテナントのHadoop環境は、高いコスト効果を発揮する単一のインフラストラクチャーとして、BTの複数のビジネスユニットに対して統一的なデータビューを提供しています。BTでは、今後より高度なビッグデータアプリケーションに移行するために、Apache Sparkを使って、バッチ処理、ストリーミング処理、インタラクティブ分析およびImpalaを組み合わせ、ビジネスインテリジェンス (BI) 機能がデータにSQLクエリを発行できるよう対応する予定です。

”BTでは、1,900もの業務システムと世界屈指の規模のデータウェアハウスを複数運用しています。業務システムのもとでEDHが稼動し、データはEDHへ投入され拡張し続けます。これらのデータは必要に応じて検索したり、共有したりすることができます”
BT チーフデータアーキテクト Philip Radley氏

導入効果:データの提供速度を15倍に加速しサービス品質を向上

ETLプラットフォームをHadoopに移行したことで、BTはデータの提供速度を向上し、十分なコスト削減を実現して、1年間で200~250%のROIを達成しました。

” 1/3の時間で5倍の量のデータを処理できるようになりました。業務側は、Hadoopに移行したことを知らず気に掛けることもありません。彼らが認識したのは、昨日のデータではなく、今日のデータを扱うことができるようになったということです"
BT チーフデータアーキテクト Philip Radley氏

ETL刷新の成功に続き、現在BTでは、Cloudera EDHを使ってブロードバンドサービスの提供を行っています。

”優れたネットワーク分析によって、どのようにより高いネットワークパフォーマンスを実現するかという点を理解してサービスを提供することが、お客様のために役立つのです。Hadoopのパワーと柔軟性によって、さらに優れた分析が可能となります。全てのローデータを使用して、以前よりも高速かつ低コストで処理することができるからです”
BT チーフデータアーキテクト Philip Radley氏

 

Your form submission has failed.

This may have been caused by one of the following:

  • Your request timed out
  • A plugin/browser extension blocked the submission. If you have an ad blocking plugin please disable it and close this message to reload the page.