Your browser is out of date!

Update your browser to view this website correctly. Update my browser now

×

データドリブンな寄付活動

多くの非営利団体がデータ駆動型のソリューションに取り組もうとしていますが、その導入や対応に必要となるリソースが存在しないというのが実態です。Cloudera Caresでは、データと人、両方の面からこのようギャップを埋めるための支援を行うことにコミットしています。Cloudera Caresは、2014年にDataKind社とパートナーシップを組み、高度なアナリティクス、機械学習、人工知能などのデータ戦略の推進やその導入に対する非営利活動を支援しています。

また、Clouderaソフトウェア上に彼らのSpotlightツールを構築したThornと組み、データ駆動型のテーマに関わる取り組みを継続してきました。2016年のThornのImpact Reportでは、Spotlightによって6,000名以上の性的人身売買の被害者が特定され、その内2,000名以上が子供であることが判明したと報告しています。2016年、Cloudera CaresとThornはそのパートナシップを拡大し、ClouderaのEnterpriseデータハブとプロフェッショナルサービスに対応するようになりました。

また2017年には、失踪および搾取された児童のための全国センター (NCMEC) およびIntelとのジョイントパトーナシップを発表しました。Clouderaでは、子供を自宅に連れ戻すためのハッカソンの実施にも取り組んでいます。

慈善事業

2014年初頭の設立当初から、Cloudera Caresは、DataKindおよび The Leukemia & Lymphoma Society(LLS)とパートナーシップを結んでいます。これらの団体とのパートナーシップに加え、各地のオフィスが地元で行われる慈善活動のサポートイベントを主催するなど、コミュニティで支援を必要としている人々に手を差し伸べています。私たちはこれからも、フードバンクや炊き出し、住居の改築や修繕、学校の清掃、公園の修復、海辺の清掃、家庭教師の派遣といった活動を通じて地域社会に貢献していきたいと考えています。Cloudera Caresはまた、Data-For-Good(データを活用した社会貢献)ムーブメントを支援する様々なハッカソンの主催・後援を通じて、コミュニティへの貢献を行っています。


Cloudera Caresのパートナー企業