市場調査会社IDCの予測によると、1年間に作成/コピーされるデータの量は、2025年に180ゼタバイトに達し、このデータをすべてブロードバンドインターネット接続で送受信しようとすれば、4億5,000万年かかります。一方、データの質も変化しています。もはや、データベース(氏名や年齢、性別、収入など明確に定義された個人データ)は主流ではなく、非構造化データ(SNSユーザーが絶え間なく投稿する写真や動画、通勤中の人々が作り出す膨大な量の情報、ジェットエンジン1基に取り付けられた何百ものセンサーが送り出す洪水のようなデータなど)を中心とする急速なリアルタイムフローの分析が重要となります。

 

こうして生成されたデータを利用して、より多くのユーザーを引き寄せ、集まったユーザーがさらに多くのデータを生み出し、それを基にサービスを改善し、より一層多くのユーザーを引き寄せるという仕組み、いわゆるデータエコノミーが成立します。 「データの時代」と言われる今日、量においても質においても、従来とは全くスケールが異なるデータを我々はどのように対処すべきでしょうか?

 

The Economist誌は2017年5月6日号の「Fuel of the future: Data is giving rise to a new economy」においてデータエコノミーにおける課題や方向性を論じています。今後の「データの時代」を考える上で重要な示唆を示す本記事の日本語版をご用意しました。ぜひ、ご一読いただき、今後のデータ利活用をご検討される上でのご参考にしていただければ幸いです。

The Economist誌「データで成立する新しい経済」日本語版をダウンロードするには、以下のフォームに必要事項をご入力ください。ご入力後、「提出」ボタンを押していただくと資料が表示されます。

 

Clouderaからのニュースレター、プロモーション、イベント、マーケティング活動に関する情報を受け取ります。 プライバシーとデータに関するポリシー をご確認ください
私の情報をClouderaに関連する製品やソリューションを提供するソリューションパートナーへ提供することに同意します。
Clouderaの規約に同意します
of